エアコン つけると寒い 消すと暑い

暑い夏に欠かせないクーラーですが、つけていると寒くて消すと暑い・・・ってことありませんか?

エアコンの温度設定を低くしているわけではないのに、なぜ寒く感じてしまうのでしょうか。

そこで今回は、クーラーつけると寒いけど消すと暑い原因と、その対処法について調べてみました。

 

スポンサーリンク


クーラーをつけると寒いけど消すと暑いのはなぜ?

エアコンの設定温度が低すぎるるわけでもないのに、冷房をつけると寒い・・・、でも消すと暑い。

なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか?

 

クーラーをつけているときに寒く感じてしまう主な原因は、下記のようなことが考えられます。

 

■冷気が下にたまっている


冷房をつけていると、とくに足元が冷えることはありませんか?

それは、暖かい空気は上に冷たい空気は下にたまってしまうからです。

 

エアコンは部屋の空気を吸い込んで、冷たい空気を部屋に送ります。

エアコンは部屋の上の方に設置されていることが多いので、作動中のエアコンは部屋の上の方にたまっている暖かい空気を吸い込んでしまいます。

すると、エアコンは「まだ部屋が暑い」と勘違いをして、必要以上に部屋を冷やそうとしてしまうのです。

 

■風が直接当たっている


同じ温度の場所にいても、風があると人間の体感温度は下がります。

体感温度は風や湿度に影響されやすく、強い風にあたるほど体が感じる温度は低くなるのです。

 

そのため、冷房の風が直接身体にあたっていたり、扇風機などの風があたる場所にいると体感温度が下がって寒く感じるようになります。

 

エアコン つけると寒い 消すと暑い

クーラーを止めたときに暑く感じる原因は、以下のようなことが考えられます。

 

■部屋に断熱効果がない


部屋に断熱効果があまりない場合、エアコンをきるとすぐに空気に熱が伝わり、外気と同じ温度になっていきます。

暑い日は壁や天井、床なども熱くなっているため、その熱が部屋の空気を暖めてしまい、すぐに暑くなってしまうのです。

 

■部屋の空気が動いていない


エアコンを停止するとエアコンからの風も止まるため、空気が動かなくなりますよね。

さきほど説明したように、同じ温度の中にいても風がある方が体感温度が下がります。

つまり、エアコンを消して空気が動かなくなった部屋では、体感温度が上がり暑く感じてしまうのです。

 

■部屋の湿度が高い


クーラーを切ると部屋の温度が上がり、暑くなってきますよね。

人は、暑さを感じると汗をかくことによって体温を下げようとします。

ところが夏は湿度が高いため、汗を蒸発することができず、うまく体温を下げることができないため暑く感じてしまうのです。

 

スポンサーリンク


エアコンをつけると寒い消すと暑い時の対処法は?

クーラーをつけても寒くならないようになれば、暑い日でも快適に過ごせるようになりますよね。

エアコンをつけたり消したりすると、つけっぱなしよりも電気代もかかります。

 

なので、冷たい空気を下に溜めないようにしたり、エアコンの風を身体にあてないように工夫しましょう。

 

■扇風機やサーキュレーターで風を循環させる


冷気は下に溜まりやすいので、クーラーの冷気が均等に部屋にいきわたるように、扇風機やサーキューレーターを使って部屋の空気を循環させましょう。

エアコンが吸い込む部屋の空気が均一になれば、必要以上に部屋を冷やすこともありません。

 

■風向きを変える


体にエアコンの風が当たっている場合は、風が当たらないように工夫をしましょう。

風のあたらない場所に移動したり、エアコンの風の向きを上向きか水平にして風がなるべく身体にあたらないように設定してください。

 

部屋の構造上、どうしてもエアコンの風があたってしまう場合は、エアコンの風よけを設置するのがオススメです。

 

■ドライ(除湿)モードにする


気温がさほど高くないのに暑さを感じるときは、室内の湿度を下げるだけで快適に過ごせることがあります。

冷房ではなく除湿をして部屋の湿度を下げてみましょう。

おわりに

冷たい空気は下に溜まるとは知らなかったので、我が家はいつもエアコンの風向きを下向きにしていました。

そのため、設定温度が28度でもエアコンをつけると寒かったのかもしれません・・・。

 

エアコンの風の向きが下向きになっていたら、上向きか水平にしましょう。

さらに扇風機などで部屋の空気を循環させると効果的です。

扇風機の風が体にあたって気になるときは、壁や天井に向けて風を送り、空気を循環させるのがオススメですよ。

スポンサーリンク