紙 しわ 直し方

バッグに入れておいたら、いつの間にか大切な書類がしわしわになっていた・・・なんてことありませんか?

必要な書類がしわくちゃになっていたら、焦ってしまいますよね・・・。

どうしたら、しわのついてしまった紙を元のキレイな状態に戻すことができるのでしょうか?

そこで今回は、しわや折り目のついてしまった紙を伸ばす方法ついて調べてみました。

 

スポンサーリンク


紙がしわを伸ばすには?

書類などの紙が、いつのまにかしわくちゃになってしまうことってありますよね。

しわくちゃになった紙のしわを消すには、圧力をかけたりアイロンを使って伸ばす方法があります。

 

■紙の上に重しを乗せて伸ばす


伸ばしたい紙を雑誌などに挟み、上に書籍などの重しを置いて数日間放置しましょう。

重さで紙のシワが伸びて、キレイにすることができます。

時間がないときや紙のシワがひどいときには向きませんが、紙を傷めずに伸ばすことができます。

 

■アイロンで伸ばす


キレイなコピー用紙でしわくちゃになった紙を挟んでから、低~中くらいの温度設定にしたアイロンを素早くサッとかけてみましょう。

紙のシワがキレイになるまで何度もかけてみてください。

何度か繰り返すうちに元通りの綺麗な状態に近づいていきますよ。

 

スポンサーリンク


 

■水で濡らしてからアイロンで伸ばす


耐水性のインクを使っているものであれば、紙をすこし湿らせてからアイロンをかけると効果的です。

アイロンをかける前には、アイロンやアイロン台、印刷面などの汚れが書類にうつらないように、キレイにしてから行ってくださいね。

 

アイロンなどの汚れをキレイにしたら、シワになってしまった用紙の上に水で濡らして固く絞ったハンカチやタオルをのせて湿らせます。

紙のシワがひどい場合は、霧吹きなどを使ってムラなく紙を湿らせてください。

 

アイロンの温度を低~中にして、濡らした用紙にアイロンがけをしていきます。

この時、力を入れすぎると紙が破けてしまう可能性があるので気つけてください。

また、紙を濡らすからといってスチームアイロンを使用するのは避けてくださいね。

 

全体にアイロンをかければ、ほどんとのシワがなくなり、元のキレイな状態に近づけることができますよ。

 

おわりに

しわくちゃになってしまった紙は、重しを紙の上に乗せたり、アイロンをかけて伸ばしてみましょう。

耐水性の紙やインクであれば、少し湿らせてからアイロンをかける方が元のキレイな紙の状態に近づけます。

また、「アイロン+重し」で紙のしわを伸ばすようにすれば、さらに効果的です。

それでも紙のシワが気になる・・・というときは、ある程度伸ばした後にコピーをしてしまうという手もありますよ(コピーが可能であればですが・・・)。

 

スポンサーリンク