卒業式 母親 服装 マナー アクセサリー

卒業式は子供ための式典ですが、母親にとっても大切な日ですね。

大切な我が子の卒業を、きちんとした服装で見届けたいものです。

そこで、卒業式での母親の服装のマナーやアクセサリーの選び方をご紹介します。

スポンサードリンク

子供の卒業式での母親の服装のマナー

一般的に、卒業式とは別れや旅立ちの式典ですので、明るい色の服装は不相応とされています。

卒業式の主役は子供たちです。

母親が派手な格好をしていると、周りの保護者から浮いてしまい、子供が恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。

ですので、卒業式での母親の服装は、黒やグレー、ネイビーなどの落ち着いた色を選ぶのがおすすめです。

でも、あんまりかっちりしすぎると、お葬式のようになってしまうので、ノーカラーのジャケットやふんわりとしたスカート、ワンピースなどを選んで、軽やかさをだすと良いでしょう。

靴は服装に合う清楚なものを選びます。

つま先の尖った靴やピンヒールの靴などは、卒業式のような式典には不向きですので避けるようにしましょう。

バッグは黒などの光沢を抑えた革や布製のもので、服装に合ったフォーマルなものを選びましょう。

アニマル柄や蛇柄など、カジュアルな印象のバッグは避けた方が無難です。

 
子供の卒業式での母親の服装は、シックなものが基本ですが、

その学校や地域によって、慣例があることがあります。

ですので、前年度の卒業式に参列した保護者の方や先生などから、どんな服装が好ましいのか聞いてみると良いですね。

他の保護者の方とも相談して、卒業式当日に周りから浮かないような服装を選ぶのが一番です。

スポンサードリンク

子供の卒業式での母親の服装に合うアクセサリーは?

卒業式はフォーマルな式典ですので、アクセサリーはカジュアルなものや派手なものは避けるようにしましょう。

パールのネックレスは、卒業式にも定番のアクセサリーなのでおすすめです。

パールのネックレスは、あまり大きな真珠ですと主張し過ぎて品位が下がるので、適度な大きさのものにしましょう。

長すぎるネックレスはバランスが悪いので、2連などにして調節すると良いですね。

また、胸元にコサージュやブローチをつけて、華やかさを演出してもOKです。

コサージュは、シックな服装を華やかに演出するためのものですので、卒業シーズンの春を連想させる淡いピンクや白などを選ぶと良いでしょう。

ブローチは、大きすぎると重かったりオバサンくさくなるので、小さめのパールなどの可愛らしいブローチを選ぶと良いですね。

コサージュやブローチは、上着やワンピースの左側につけるのが一般的です。

ネックレスとコサージュまたはブローチを両方つける場合は、ネックレスの長さやコサージュを付ける位置など、全体のバランスをよく考えて、派手になりすぎないようにコーディネートするようにしましょう。

おわりに

卒業式の母親の服装は、一般的にシックな格好をしていれば大丈夫かと思いますが、学校や地域によっては慣例がありますので、卒業式当日に浮かないためにも確認してみるのが良いですね。

卒業式シーズンは、まだまだ寒い時期です。

卒業式の式典では、コートを脱ぐことも考えて、防寒対策をしっかりとしておきましょう。

防寒のためにホッカイロやストールなどを持っていくと良いですね。

また、当日は資料などを渡されることもありますので、サブバックを持っていくと便利です。

子供の卒業にホロリと涙することもありますので、ハンカチなども忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク