豆苗 栽培 育てる 収穫

最近、スーパーの売り場で豆苗をよく見かけるようになりました。

100円前後で購入できるので、野菜が高い時期になると、通年で値段の安定している豆苗が魅力的に思えませんか?

豆苗とは、えんどう豆の若い葉と茎の部分のこと。

調べてみると栄養価が高く、β-カロチンはチンゲン菜の1.5倍、ビタミンEは小松菜の1.8倍、食物繊維はじゃがいもの1.7倍です!

しかも豆苗は、料理に使用した後、残った根と豆の部分を水に浸して育てれば再収穫ができるんです!

豆苗の栽培方法はとても簡単なので、栽培記録とともにご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

うまく再収穫するための豆苗の切り方

豆苗 栽培 カット 発芽

豆苗を切るときは、豆の部分から3センチくらい上のところで切りましょう。

豆に近い部分で切ってしまうと、再収穫するために必要な「脇芽」がなくなってしまいます。

脇芽とは、植物が新たに成長するために芽を伸ばしていく部分で、根の近くにたくさんあります。

再収穫するには脇芽を成長させる必要があるので、できるだけ多くの脇芽を残すのが栽培のコツですよ。

豆苗の栽培方法。おいしく育てるコツとは?

豆苗は基本的に水だけで育ちます。

豆苗をトレーやお皿に移して、根の部分だけが水に浸かるようにして育てましょう。

豆の部分まで水が浸かってしまうと、豆が傷んでカビが生えてきたりするので、水は必ず根の部分だけ浸るようにするのがコツです。

 

水やりは夏場は1日2回、冬場は1回でOK。

豆苗を育てているトレーやお皿に水を注ぎ足してしまいがちですが、雑菌が繁殖してしまい衛生面的によくありません。

おいしく育てるためには、毎日新鮮な水に交換しましょう。

 

また豆苗は、暑すぎても寒すぎてもうまく育ちません。

日当たりの良い窓辺などの明るい室内に置いて豆苗を栽培すれば、茎や葉もしっかりと育ちます。

でも直射日光は、あてすぎると豆苗の茎が固くなってしまう原因に。

窓辺などの明るい場所に置けない場合は、キッチンのカウンターでも育てられますが、ヒョロヒョロとした豆苗になります・・・。

スポンサードリンク

豆苗を実際に育ててみた

うちは窓辺に置く場所がなかったので、キッチンのカウンターで成長を見守りました。

我が家の豆苗は、3日目くらいからグングン成長し始めましたよ!

8日~10日くらいで収穫できるまでに成長。

ひゅるひゅると上に伸びていきますので、伸ばし過ぎないように、ある程度育ったら収穫して食べます。

キッチンのカウンターで栽培したせいか、収穫した豆苗は買ってきたものと同じレベルではなく、葉っぱも少ないし茎も細かったです・・・。

しっかりとした豆苗を育てたい場合は、できるだけ窓辺などの明るい場所に置く方が良いと思います。

でも、どんな植物も枯らしてしまう「植物殺し」の異名を持つ私でも、育てることが出来るくらい豆苗の栽培は簡単でしたよ!

水の交換と根だけ水に浸すということに気をつければ、誰でも再収穫はできると思います。

豆苗は何回まで収穫できる?

豆苗は、うまく育てることができれば2回以上収穫することが可能です。

ただ2回目になると、脇芽が少ないせいか成長はかなり悪いです。

1回目の栽培の時より、さらに豆苗はヒョロヒョロした感じに・・・。

また豆が傷んできたりカビが発生したりと、だんだん衛生面も心配になってきます。

私はうまく育てることが出来なかったので、2回目の収穫は断念しました・・・。

おわりに

豆苗は、通年を通して安定した価格で購入できるし、うまく栽培すれば収穫もできるので、とても魅力的な野菜ですね。

味に癖もないので、サラダ、炒め物、スープ、鍋の具といろんな料理に使えるのも嬉しいところ。

豆苗の栽培中は、グングン育っている姿を見て毎日楽しくなりますよ。

ちょっとした観葉植物みたいで愛着もわいてくるので、豆苗を買ったら再収穫にトライしてみてくださいね。

スポンサードリンク