髪 乾かす 面倒

お風呂あがり、髪の毛を乾かすのは本当に面倒ですよね。

髪を乾かすまでに時間はかかるし、お風呂でさっぱりしたのにドライヤーの熱でまた汗をかいてしまうことも・・・。

なるべく早く髪の毛を乾かす方法はないのでしょうか?

 

そこで今回は、髪の毛を早く乾かす方法について調べてみました。

 

スポンサーリンク


髪の毛を早く乾かす方法

髪の毛を早く乾かすためには、お風呂上りにタオルドライで髪の毛の水分量を出来るだけ少なくしておくことが大切です。

 

■タオルドライの方法

  1. 洗髪後、手で髪の毛を絞って水気をきる
  2. 乾いたタオルを頭に乗せ、指の腹を小刻みに動かし、地肌と髪の根元の水分をしっかり拭き取る
  3. 目の粗いクシやブラシで髪の毛をとかし、水を毛先に集める
  4. 毛先はタオルで優しく包んで押さえながら水気を取る

 

タオルドライをしっかりするだけで、ドライヤーを使用する時間をかなり少なくすることができますよ。

 

髪の長い人はタオルを2枚使って水気を取りましょう。

タオルがびしょびしょになってしまったら、新しいタオルでしっかりと拭き取るようにしてくださいね。

 

吸水性の高いマイクロファイバーのタオルを使用するとタオルドライがとても楽になります。

ただし、ゴシゴシ強く擦ると髪の毛が痛む原因になるので注意してくださいね。

 

タオルドライ後は、なるべく早く髪の毛を乾かしましょう。

 

面倒だからといってしばらく放置してしまうと、髪の毛が部分的に乾き始めてしまいます。

髪の毛が乾きはじめると変なクセがついてしまったり、頭皮に雑菌が繁殖してニオイや痒みの原因にもなりますよ。

 

そのため、髪の毛を乾かすのは、髪全体が均一に濡れている状態のうちにはじめるのがベストなタイミングです。

 

■根元からドライヤーをあてる


髪の根元から乾かすことで、乾かす時間の短縮になります。

前髪の根元→全体の根元→毛先という順番でドライヤーをかければ、効率的に乾かすことができますよ。

 

■タオルを頭にのせたままドライヤーをする


タオルをかぶったままドライヤーをあてると、髪の毛の水分が蒸発しやすくなります。

髪の毛を乾かしながらスタイリングすることはできませんが、ロングヘアの人でも効率よく髪を乾かすことが出来ますよ。

髪を途中まで乾かして、スタイリングはタオルを外してするのがオススメです。

 

■髪の速乾スプレーを使用する


ドライヤーの前にスプレーするだけで髪を早く乾かすことができるアイテムもあります。

しっかりタオルドライした後にスプレーすれば、より髪を早く乾かすことができますよ。

スプレーには保湿成分も配合されており、ヘアケアも一緒にできるので効率的です。

 

■大風量のドライヤーを使う


ドライヤーの風量の多ければ、髪の毛を早く乾かすことができます。

ドライヤーをあてる時間が短くなれば、髪のダメージも軽減できますよ。

使用しているドライヤーの風量が弱い・・・と感じている場合は、髪を早く乾かすためにドライヤーを買い替えてみてはいかがでしょう。

おわりに

髪を乾かすのが面倒だからといって後回しにすると、髪に変なクセがついてしまうので余計に面倒になります。

乾かさないで寝てしまうと、髪が傷んでしまったり、頭皮に雑菌が繁殖して臭くなったり痒くなる原因にもなりますよ。

髪の毛のためにも洗髪後はなるべく早く乾かすようにしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク