裾 ほつれ 直す

スカートやパンツの裾がほつれてしまった・・・

 

裾がほつれた時には「まつり縫い」という方法で縫うという手段がありますが、手先が器用でないとキレイに仕上げるのは難しいものですよね。

洋服のお直しのお店に出せばキレイに直してくれますが、500円~1,000円くらい料金がかかります。

 

もっと手軽にパンツの裾を直せないか・・・と調べてみたところ、裾上げテープを使用すれば簡単にできることがわかりました。

そこで今回は、パンツの裾のほつれを100均のダイソーで売っていた裾上げテープで直してみました。

 

スポンサーリンク


パンツの裾のほつれを裾上げテープで直してみた

今回直すパンツは、このパンツです。

裾を縫っていた糸が靴に引っかってしまい、裾の一部が垂れ下がってしまいました。

裾 ほつれ 直す

 

使用する裾上げテープは、100均のダイソーで売っていたもの。

アイロンでくっつけるタイプの裾上げテープです。

パンツの色が紺なので、裾上げテープも紺色を選びました。

裾 ほつれ 直す

 

まずは、アイロンをかけやすいようにパンツを裏返しにします。

糊が付いている方を下にして、ズレないように裾上げテープを乗せていきます。

裾 ほつれ 直す

 

裾上げテープをパンツの裾のほつれている部分においたら、スチームアイロンを軽くかけていきます。

 

スチームアイロンを軽くかけるだけで、簡単に裾上げテープがパンツにくっつきます。

裾上げテープがしっかりとくっついているかどうか確認しながら、アイロンをかけていきましょう。

 

 

パンツのほつれている部分に裾上げテープがしっかりとくっついたら、終了です。

とっても簡単にパンツの裾のほつれを直すことができました。

 

おわりに

スカートやパンツの裾がほつれても、裾上げテープを使用すればアイロンで簡単に直すことができました。

裾上げテープを貼った後にパンツを何度か洗っていますが、今のところしっかりとくっついていますよ。

 

本当はまつり縫いで直すのがいいとは思いますが、不器用な人が縫って直そうとすると縫った部分が汚くなってしまうと思います。

裾上げテープであればアイロンだけで簡単に裾のほつれを直すことができるので、試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク