汗 メイク 対策

汗でメイクがドロドロに崩れてしまう・・・ってことありますよね。

とくに気温が高い夏は、少し動いただけでも汗をかいてしまうので、すぐにメイクが崩れて困ってしまいます。

汗をかくたびに何度も化粧直しをするのも大変です。

 

そこで今回は、メイクが汗で崩れないようにするための対策や汗をかいてしまったときのメイク直しの仕方について紹介します。

 

スポンサーリンク


メイクが汗で崩れないようにするための対策

汗でメイクが崩れないようにするには、朝のメイクをなるべくキープできるベースづくりが重要になってきます。

 

■汗や皮脂に強い化粧下地を使用する


汗によるメイク崩れを防ぐためには、化粧崩れを防ぎ、化粧もちをよくする化粧下地を使用しましょう。

化粧下地でしっかりケアすれば、汗による肌のテカリや化粧よれなどを防いで、キレイな状態をキープすることができます。

 

■しっかりと肌を保湿する


汗をかく夏はとくに、肌の保湿を怠りがちになるため、肌が乾燥している可能性があります。

肌が乾燥すると皮脂の分泌が増えるため、汗とともにメイクの油分に溶けて肌に浮き出てしまい、化粧崩れを起こします。

そのため、メイク崩れを防ぐためには、しっかりと肌を保湿することも大切です。

 

それほど肌の乾燥を感じていなくても、インナードライになっている可能性があります。

夏はベタつくクリームを塗りたくない・・・という人もいますが、しっかり保湿しないと夏でも乾燥肌になってしまいます。

さっぱりとした使用感の乳液やジェルなどもあるので、保湿を怠らないようにしましょう。

 

また、紫外線対策もしっかりするようにしてくださいね。

 

■ファンデーションの前におしろい(ルースパウダー・プレストパウダー)を使用する


ファンデーションの前にはおしろい(ルースパウダー・プレストパウダー)を使用しましょう。

ファンデーションの前に使用すれば、おしろいが皮脂を吸着してくれるため、汗によるメイク崩れを防ぐことができます。

 

おしろいは、テカリを防いだり、皮脂を吸収するなどのスキンケア効果のあるものを選ぶとさらに効果的ですよ。

 

メイクの順番

  1. 化粧水や乳液
  2. 化粧下地
  3. おしろい(ルースパウダー・プレストパウダー)
  4. ファンデーション
  5. おしろい(ルースパウダー・プレストパウダー)

 

スポンサーリンク


汗で崩れてしまたメイクの直し方

メイク直しをするときには、汗と皮脂によるベタつきを拭き取ってから行いましょう。

そのまま化粧直しをすると、すぐにまた化粧が崩れてしまうので注意してくださいね。

 

化粧がドロドロに崩れてしまっている場合は、あぶら取り紙だけで汗や皮脂を取り除くのは不十分ですので、ティッシュや乾いたスポンジを使用して取り除いてください。

汗が止まらないときは、ミストなどを顔全体に吹きかけ、肌の温度を下げるメイク直しがしやすくなりますよ。

 

メイク直しの順番

  1. スポンジで軽くたたきながら、ファンデーションの浮きを肌となじませる
  2. メイク崩れが気になるところに乳液やジェルを軽くつけ肌を保湿する
  3. 化粧下地を薄く伸ばす
  4. 化粧下地が肌にしっかり馴染んだら、ファンデーションを薄く塗る

おわりに

汗でメイクがドロドロとしていると気持ちが悪いですし、見た目の印象もよくないですよね。

汗や皮脂に強い化粧下地を使うだけでなく、おしろいをファンデーションの前に塗るだけで、化粧もちがアップするのでオススメです。

 

また、「夏に肌は乾燥しない」と思っている人が多いですが、夏はたくさん汗をかくため、肌に必要な保湿成分まで汗で流れてしまい意外と乾燥しています。

メイク崩れを防ぐためにも、夏でもしっかりと肌を保湿をするようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク