夏 肌 乾燥

夏の肌は乾燥しないと思っていたのに、なぜだか肌が乾燥している・・・ってことありませんか?

空気が乾燥した冬ならわかりますが、どうして湿度の高い夏場に肌が乾燥してしまうのでしょうか?

実は、夏でも肌が乾燥してしまう原因はたくさんあるため、肌の乾燥対策は必要なのです。

そこで今回は、夏の肌の乾燥の原因と対策、夏の乾燥肌にオススメのスキンケアを紹介します。

 

スポンサーリンク


夏でも肌が乾燥してしまう原因とは?

乾燥肌が気になる季節といえば冬、ですよね。

冬は気温が低く空気が乾燥するため、この環境に対応しようとして人の肌も乾燥してしまうのです。

 

しかし、夏場は気温も高いですし湿気も多く空気の乾燥もないはずなのに、どうして肌は乾燥してしまうのでしょうか・・・?

 

1つ目の理由は紫外線です。

5月~9月は紫外線の照射量が1年で最も強くなる時期です。

 

肌の表面は皮脂でできたバリアがあり、肌の水分を閉じ込めたり外からの刺激を和らげる働きをしています。

しかし、紫外線を浴び続けた肌は、このバリアが破壊され肌の水分量を保持できなくなります。

つまり、肌の水分保持量が減ってしまえば、自然に乾燥肌になってしまうのです。

 

さらに肌のバリアが破壊されたことで、皮膚は代わりに角質をためこんで肌を守ろうとします。

角質がたまることで肌に必要な栄養素の吸収が悪くなり、肌の乾燥はよりヒドイ状態になってしまうのです。

夏 肌 乾燥

2つ目の理由は冷房です。

夏は暑いので、ほとんどの人が冷房を使いますよね。

自宅だけでなくお店やスーパー、電車の中など室内であればどこでも冷房が使われています。

 

熱い季節に必需品な冷房ですが、冷房を使った部屋は空気中の水分量が減り、室内が肌に適切な湿度を下回って乾燥してしまうので、お肌も乾燥してしまいます。

とくに外気の気温が高く、室内との温度差があると肌へのダメージは大きくなってしまうのです。

 

また、紫外線によってバリアが破壊されて弱まった肌が、さらに冷房の影響を受けると肌はインナードライになりやすいといわれています。

インナードライとは、肌表面が汗などによって皮脂が分泌し、ベタベタしていても肌の内部は乾燥しているという状態のことです。

 

実は、インナードライになっている約8割の人はこの症状に気づいていなく、間違ったスキンケアをして、より乾燥肌を悪化させてしまっているともいわれています。

なので、まずは自分がインナードライかどうかチェックしてみましょう。

 

・冷房の部屋に長時間いる

・毛穴が開いている、毛穴が黒ずんでいる

・化粧が崩れやすい

・肌が油っぽいのに突っ張る感じがある

・にきびができやすい

 

これらの環境や肌に症状がある人はインナードライの疑いがありますので注意してください。

 

夏 肌 乾燥

 

3つ目の理由は冷たいものの過剰摂取です。

夏場は暑いため、体を冷やすために冷たい食べ物や飲み物を多くとってしまいますよね。

 

ですが、冷たいものの摂りすぎは内臓を冷やすため、身体の消化器官の機能が低下してしまいます。

消化器官の機能が低下することにより新陳代謝が低下してしまうため、肌の乾燥を引き起こしてしまう原因となってしまうのです。

 

スポンサーリンク


夏に肌を乾燥させないための対策

夏でも肌を乾燥させないためには、まずは紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

とくに5月~9月は紫外線の照射量が多いので、日焼け止めをしっかり塗る、日傘や帽子などを利用してしっかりと紫外線対策をしてください

 

また、皮脂は肌のバリアとして大切なものです。

肌が汗などでベタベタするからといって、頻繁に洗顔したり油とり紙などで過剰に皮脂をとってしまうことは、かえって乾燥肌になってしまうので避けるようにしましょう

 

冷房を使う環境に長時間いる場合は、なるべく直接冷風に当たらないように気をつけてみてください

冷気が強い場所は涼しいですが、空気中の水分が少ない場所ともいえますので肌の乾燥につながります。

 

なので、冷房の効いている部屋に長時間いるときは、扇風機などを使って部屋の冷気を循環させるようにしましょう。

自宅であれば加湿器を併用するのもオススメですよ。

 

また、体の内部から乾燥を防ぐために水分をしっかりとることも大切です。

夏はとくに汗をかきやすいので、体内に吸収されやすいミネラルウォーターやスポーツドリンクをこまめに飲んで体の中から保湿させていきましょう。

 

ただし、冷たい飲み物ばかり飲むと身体の消化機能が低下して、肌の乾燥の原因となってしまいます。

冷たい飲み物だけでなく常温の飲み物や温かい飲み物も摂取して、身体を冷やし過ぎないように注意してくださいね。

夏の乾燥肌にオススメのスキンケア

肌が乾燥してインナードライになってしまうと、普通に肌を保湿するだけでは足りないといわれています。

そのため夏の乾燥肌には、保湿力の高い効果をもつ「セラミド」を含む化粧品でスキンケアするのがオススメです。

 

 

セラミドには肌の水分を保持する力を高めるだけでなく、肌の水分の蒸発を防ぐという役割があります。

また、セラミドは肌への異物の混入を防いでくれる働きもあるため、肌荒れの予防にも効果がありますよ。

おわりに

皮膚は脂っぽい感じがするのに突っ張る感じがしたり、化粧崩れしやすい肌はインナードライかもしれません。

乾燥は肌を老化させてしまう原因になりますので、若々しい肌を保つためには夏でもしっかりと保湿ケアをしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク