髪 トリートメント 痛み ケア 対策 改善

毎日トリートメントをしているのに髪の毛が傷んでパサパサ。

傷んだ髪の毛は見た目の印象が良くないですよね・・・。

でも、なんとか髪の毛を切らずに傷んだ髪を修復できればいいと思いませんか?

実はトリートメントの順番を変えるだけで、サラサラの髪を手に入れることができるんです!

スポンサードリンク

髪の傷みはシャンプー前のトリートメントで改善!

パーマやカラーで毛先がパサパサになったり、紫外線や静電気で絡まったり・・・。

髪の毛はつねにダメージを受けてます。

そんな傷んだ髪にはトリートメントは必須アイテムですよね。

一般的にはシャンプーの後にトリートメント、コンディショナーという順番です。

でも、たっぷりトリートメントをしているのに、なぜか髪の傷みが改善されないってことありませんか?

そんなときはトリートメントの順番をシャンプーの前にしてみましょう。

シャンプー前のトリートメントで、パサパサに傷んだ髪の毛が潤いのある髪になるんです!

 

■まずはブラッシング


傷んだ髪は、絡まったままシャンプーをするとさらに傷んでしまいます。

まずはブラッシングをして、髪の毛の絡まりや汚れをあらかじめ落としておきましょう。

ブラッシングは毛先から頭頂部へ、髪の絡まりをほどきながらやさしくとかしていきます。

髪の絡まりがとれたら、頭皮の汚れを落とすように、髪の生え際から頭頂部に向けて放射線状にとかします。

ブラッシングは静電気で髪にさらにダメージを与えないように、天然毛のヘアブラシや静電気防止用のヘアブラシを使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

 

■シャンプーの前にトリートメント(コンディショナー)!


トリートメントをつける前にスタイリング剤をお湯でよく落としてください。

スタイリング剤を落としたら、毛先にもみ込むようにトリートメントをつけていきましょう。

トリートメントがない場合はコンディショナーでもOKですが、髪の傷みを内側から改善するならトリートメントがおすすめ。

トリートメント
髪の内部補修に優れている

コンディショナー
髪の外部補修に優れている。髪の毛のコーティング効果あり

シャンプーは髪や頭皮の汚れを落とす一方で、ゴシゴシ洗うと髪にダメージを与えてしまいます。

トリートメントをシャンプーの前につけることで、トリートメントの油分がシャンプー時のダメージを防ぐ効果も発揮してくれます。

 

■トリートメント(コンディショナー)を洗い流す


トリートメントを髪の毛のよくもみ込んだ後は、38度~40度くらいのお湯でよく洗い流しましょう。

トリートメントが残りすぎるとシャンプーが泡立たない原因にもなるので、しっかり洗い流します。
シャンプー前 トリートメント

 

■シャンプーをする


ベタつきが残らないように、頭皮をマッサージしながらしっかり泡立ててシャンプーします。

髪の傷みがひどくない人は、ここで終了してもOKです。

 

■コンディショナー


最後にコンディショナーをつけてよく洗い流します。

髪の傷みが気になるときは、もう一度トリートメントしてからコンディショナーでもOK。

これで髪の毛を乾かせば、潤いのあるサラサラの髪の毛になってますよ。

 

■関連記事
髪の乾燥と摩擦を抑えて静電気を防ぐ方法と外出先での対処法

おわりに

知ってましたか?

髪の毛は死んだ細胞だから生き返らないんですよーー!!

(((((( ;゚Д゚)))))

この衝撃の事実に「傷んだ髪は切るしかないのか・・・」と諦めていたんですが、シャンプー前にトリートメントをすることでなんとか復活できました!

「効果がイマイチ・・・」という人は、トリートメントの前の乾いた髪に、椿油などのオイルをつけると効果がアップするので試してみてくださいね。

髪は女の命ともいいますから、きちんとケアをして、うるうるサラサラの髪の毛で毎日を過ごしましょう~!

スポンサードリンク