ヒール 音 消し




パンプスやサンダル、ブーツなどヒールのある靴を履いているとき、歩くたびにカツカツ、コツコツと響く靴音が気になることはありませんか?

私も歩くたびにヒールの音がすると「うるさいな~」と感じてしまいますし、他人に迷惑をかけていないか心配になります。

 

そこで今回は、ヒールの音がならないようにするにはどうしたらいいのか調べてみました。

 

スポンサーリンク


ヒールがコツコツ音がなる原因は?

ヒールの高い靴を履いていて「カツカツ」「コツコツ」音がなってしまう原因は、以下のようなことが考えられます。

 

■ヒールを保護するゴムが固い素材でできている

靴のかかとのゴム部分は、ヒール本体を保護するためにつけられています。

そのため、かかとのゴム部分の素材は、地面との接地面積が小さいほど固い物がついていることが多い傾向にあります。

なぜなら、かかとのゴムと地面との接地面積が少ない分、柔らかい素材のゴムを使用するとすぐにダメになってしまうからです。

つまり、ヒールの細い靴ほど固いゴムがついていることが多く、歩くとコツコツと音がしやすくなってしまうのです。

 

■ヒールに空洞がある

ヒール部分が空洞になっていると、地面に足を下したときの音が空洞で反響するため、ヒール部分に芯が入っている靴に比べて音がしやすくなります。

ヒールが空洞になっているかは見た目ではよくわかりませんが、安価な靴や太いヒールは空洞になっている可能性が高いです。

 

■ヒールを保護するゴムがすり減っている

ヒールを保護するゴムがすり減ってしまい、ヒール本体がむき出しになっていると地面との衝撃で音がしやすくなります。

とくに金属でできているヒールの場合、金属とアスファルトなどの地面が接触するたびに「カツーン」と耳障りな音がする原因となります。

 

■サイズが合っていない・靴とかかとが離れてしまう靴を履いている

靴のサイズが合っていない場合もヒールの音の原因となります。

たとえば、歩くたびにかかとが脱げてしまうようなパンプスを履いていると、パンプスだけが地面に当たったときに音が響く原因に。

靴と足が離れやすいサンダルやミュールなども同様に音がしやすくなります。

 

■歩き方が悪い

歩き方が悪いこともヒール音の原因の一つです。

かかとをひきずるような歩き方をしていたり、歩くときにかかとから着地するような場合、ヒール音がうるさくなってしまうことがあります。

 

スポンサーリンク


うるさいヒールの音対策

コツコツ、カツカツうるさいヒール音対策としては、以下のことを試してみてください。

静音対策用のゴムに替える

歩くたびにカツカツ、コツコツ音が響く場合、かかとのゴムを交換してみましょう。

靴修理のお店で静音対策用のゴムに交換してもらえば、それだけでヒール音が軽減されますよ。

かかとのゴムはヒール本体が出てしまう前に、定期的に交換するようにしてくださいね。

 

自分でヒールのかかとのゴムを買って修理する方法もありますが、結構難しいので靴修理のお店にお任せする方がキレイに仕上がりますよ。

 

滑り止めのゴムを貼る

ヒールに靴用の滑り止めのゴムを貼ってもヒール音を軽減させることができます。

デコボコがあるとうまく貼れないので、靴底の汚れきれいに落し、凹凸をヤスリなどで擦って平らにしてから貼ってくださいね。

 

靴のサイズ調整をする

靴が大きいなどの理由でかかとが脱げてしまうような場合は、インソールなどを入れてサイズを調整しましょう。

インソールを入れても脱げてしまう場合は、外付けのストラップを付けると脱げなくなります。

 

歩き方を見直す

かかとから着地するとよりヒールの音がしてしまうため、なるべくつま先から着地するような歩き方にしましょう。

ヒールのある靴を履くと、どうしても膝が曲がり猫背になりがちなので、姿勢を正して膝は伸ばすようにしてくださいね。

 

 

おわりに

歩くたびに響くヒール音を不快に思う人って結構います。

静かな住宅街や駅の階段で「カツーン、コツーン」と音を響かせていたら、周りに迷惑になりますよね。

ローヒールでもハイヒールでもコツコツ音がしてしまう場合は、かかとのゴムを静音対策用のゴムにすると、かなり軽減するので試してみてください。

また、これを機に正しい歩き方もマスターしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク