パンプス かかと 脱げる パカパカ

パンプスを履いていてかかとがパカパカしてしまうことはありませんか?

オシャレは足元からと言いますが、パカパカしたパンプスを履いているとだらしない印象に・・・。

パンプスのかかとが脱げないようにするには、どのようにすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

パンプスのかかとがパカパカ脱げる原因と対策

パンプスのかかとがパカパカ脱げてしまうのは、足に靴が合っていないからです。

でも、せっかく買ったパンプスを履けないのはもったいないですよね。

 

■足が前滑りしている


試着のときはちょうど良かったのに、歩いていたらかかとが脱げるようになったのは、パンプスの中で足が前に滑っているのが原因です。

足が前に滑ってしまうのは、下記のような理由が考えられます。

靴のサイズ(縦・横幅)が合っていない

靴が伸びて大きくなった

足の形に靴のつま先の形(トゥ)が合っていない

ストッキングや中敷きが滑る

足が前に滑ると、かかとがパンプスから離れて隙間ができてしまいますよね。

かかととパンプスの間に隙間ができることで、かかとがパカパカして脱げてしまうので、隙間ができないように対策をしましょう。

 

パンプスが大きいときは、つま先部分にインソールを入れて足がパンプスの中で動かないように調整します。

インソールを入れるとパンプスがキツイときは、すべらないように薄めの滑り止めを入れてみましょう。

 

■かかとが小さい


パンプスのサイズはピッタリなのにかかとが脱げてしまうのは、かかとが小さくて靴にひっかからないからです。

パンプスを履いて、つま先立ちをするだけで、かかとが脱げてしまいませんか?

かかとより靴が大きいのが原因なので、脱げないように靴のかかとに貼る中敷きを入れてみましょう。

 

靴底が固くて返りが悪い


厚底などの靴底が固く返りの悪いパンプスは、歩いたときに靴が足についてこないため、中敷きなどを入れて対策をしても、かかとのパカパカを防ぐことができません。

パンプスの靴底が固いのが原因でかかとが脱げるときは、パンプス用のベルトやバンドをつけて対応してみましょう。

 

おわりに

私はかかとが細く、ストラップのないパンプスはパカパカして履けません・・・。

そのうえ甲も薄く外反母趾なので、靴選びには本当に苦労しています。

私もストラップなしでパンプスを履くためにいろいろと試しましたが、どのパンプスも私の足には負担になり無理でした・・・。

いろいろ対策しても「足が痛い」「かかとが脱げる」という場合は、パンプスが足に全く合っていないので諦めましょう。

一度シューフィッターのいる靴屋で足を測ってもらうと、自分の足のサイズがわかっていいですよ。

かかとの脱げるパンプスは、無理して履くと外反母趾などのトラブルの原因になるので気をつけてくださいね。

スポンサーリンク