黒い服 パンツ ほこり 防止 取り方

黒い服は「ほこり」が目立って困ったことはありませんか?

黒いパンツやジャケットなど、カッコよくオシャレしたいのに、よく見るとほこりだらけ・・・。

そこで今回は、黒い服のほこりを目立たなくさせる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

黒い服のほこりを防ぐには?

黒い服は、ほこりがつきものです。

ほこりが服につく原因としては、「静電気」「服の生地(素材)」などの影響が考えられます。

 

■静電気対策


乾燥している季節はもちろん、暑い夏の湿気の多い季節でも実は静電気が発生しています。

水は静電気を通しやすい性質を持っているので、汗をかきやすく湿気の多い夏は、すぐに放電するのであまり感じないだけです。

静電気対策としては「静電気防止スプレーをかける」「柔軟剤を入れて洗濯をする」ことで、ある程度は解消できます。

また衣類の生地の素材を考えて、組合せを変えるだけでも静電気を抑えることが出来ますよ。

 

■関連記事
静電気のパチパチを防ぐ衣類や素材の組み合わせと対策とは?

 

■防水スプレーをかける


静電気が起きにくい綿100%の生地なのに、ほこりがイッパイ・・・。

───そんな場合は、服の生地に問題があります・・・。

たとえ静電気が起きにくい生地でも、表面がデコボコしていたら、そのデコボコにほこりが引っかかってしまうんです!

起毛素材もほこりが付きやすいですよね・・・。

 

静電気防止対策しても服にほこりが付くなら、防水スプレーをかけてみましょう。

防水スプレーは繊維をコーティングして撥水効果を与えてくれるほか、ほこりも付きにくくしてくれます。

ポイントはケチらずたっぷりスプレーすること、スプレーする前に汚れをキレイに取り除いておくことです。

防水スプレーをケチると効果が期待できないですし、汚れが付いたままスプレーすると、繊維の中の汚れが落ちなくなりますよ。

黒いパンツ ほこり 防止

でも、過度な期待は禁物です・・・。

私も黒いパンツとジャケットのほこりが気になり、防水スプレーをかけてみたんですが、ジャケットはマシになりましたが、パンツはイマイチでした・・・。

生地にもよりますが、なんとなく「ほこりが付きににくくなったような気がする・・・?」というレベルでの改善しかないこともあります。


スポンサードリンク

黒い服のほこりやゴミの取り方

黒い服はほこりがつきものとはいえ、たくさんついて目立つとカッコ悪いですよね・・・。

なので、こまめにほこりを取り除かなければなりません。

 

おすすめは、洋服ブラシエチケットブラシを使って優しくほこりを取り除く方法です。

100均でも携帯用のほこり取りが売っているので、持ち歩けば外出先で気になったときにサッとほこりを取り除けますよ。

 

コロコロやガムテープの粘着力が強いものは、服の生地を傷めて、余計にほこりが付きやすくなる原因になるので要注意!

衣類用のコロコロや粘着力が弱めな紙のガムテープなら、あまり生地を傷めることなくほこりが取れます。

 

■関連記事
洗濯物がほこりだらけになる原因や対策とほこりの取り方

おわりに

静電気で服にほこりが吸い寄せられているのなら、静電気を防げば解決できます。

でも、静電気ではなく生地そのものが原因だとしたら、どうしようもないのが現実・・・。

服のメーカーは、少しは黒い服に付くほこりのことも考えて作って欲しいものです!

肌触りの良いツルツルとした生地は、比較的ほこりが付きにくい傾向があります。

なので今後、黒い服を購入するときは「静電気が起きにくい素材でできているか」「生地はデコボコしていないか」なども考えてから購入してみましょう。

 

スポンサードリンク