寝る時 暖房 温度

寒い冬、寝るときのエアコンの温度は何度に設定していますか?

 

寒い日には私も暖房をつけたまま寝てしまいますが、部屋が乾燥するし、暑くて寝苦しいこともあります。

それに、エアコンをつけっぱなしにして寝るのは身体に良くない気がしますよね。

 

そこで今回は、寝るときの暖房の温度設定は何度がベストなのか、エアコンをつけっぱなしで寝るのは良くないのか調べてみました。

 

スポンサーリンク


寝る時の暖房の温度は何度がベスト?

人間が快眠できる温度は、一般的に15℃~21℃といわれています。

そのため、就寝時にエアコンをつけて寝る場合は、室温が15℃~21℃になるように温度設定をしましょう。

 

この温度を維持できれば、基本的に快適に眠れるはずです。

 

真冬に室温が15℃~21℃くらいだと少し寒い気がしますよね。

しかし、冬は、毛布や布団を何枚もかけて寝ますし、暖かいパジャマなども着ます。

そのため、21℃以上の室温になると暑く感じて、布団をはいでしまったり、かえって寝苦しくなってしまうのです。

 

また、寝室の温度は寝る1時間くらい前から、寝室の温度を15℃~21℃に暖めておきましょう。

 

暖房の効いた暖かい部屋から寒い寝室に入ると、自律神経の交感神経が刺激されて目が覚めてしまいます。

その結果、寝つきが悪くなってしまいますので、事前に寝室を温めておくと快眠につながりますよ。

 

スポンサーリンク


エアコンは付けっぱなしで寝た方がいいの?

冬は暖房をつけっぱなしで寝るかも悩むところです。

暖房のつけっぱなしは、室内が乾燥してしまいますし、体に悪い気もしますよね。

 

確かに、エアコンをつけっぱなしにして室温が上がりすぎるのはよくありません。

しかし、先ほどもお伝えしたように、人間が快眠できる温度は15℃~21℃です。

 

そのため、16℃前後の低めの温度に設定して、暖房をつけっぱなしにして一定の温度をキープしている方がよく眠れます

 

とくに真冬は、夜間から朝方にかけては屋外は氷点下になることも多いですよね。

当然、エアコンの暖房を消してしまえば、室内が10度以下になってしまう日もあります。

 

布団や毛布を何枚もかけて体を温めたとしても、部屋の温度が低いと呼吸によって内臓が冷えてしまいます。

そうすると結果的に体温も下がってしまうため、寒くて目が覚めたり睡眠の質が落ちてしまうのです。

 

また、お年寄りや体の弱い人は、夜間の急激な気温の低下によりヒートショックを起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

布団の中と起きた時の部屋の温度に差がありすぎることで、血圧が急激に上がってしまうことがあるのです。

 

さらに、睡眠中に体が冷えると無意識のに体が縮こまります。

体に余分な力が加わると、肩こりなどの原因にもなりますし、睡眠中に疲れが取りにくくもなってしまいます。

 

そうはいっても「エアコンをつけっぱなしにしたくない」という場合は、タイマー機能を使いましょう。

寝る前に部屋の温度を20℃くらいに温めておき、3時間くらいで切れるようにタイマーをセットしておきます。

 

また、「寒くて起きられない・・・」ということがないように、朝も起床時間には部屋が温まっているようにタイマーをセットしておきましょう。

 

スポンサーリンク


エアコンの乾燥で喉が痛くならないようにするには?

エアコンの暖房をつけっぱなしにしていると、部屋がものすごく乾燥しますよね。

 

部屋が乾燥していると、朝起きた時に喉がイガイガしたり痛みを感じることがあります。

肌もカサカサになりますし、インフルエンザなどの菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

そのため、部屋の乾燥や喉の痛みを予防するためには、室内の湿度を上げて対策しましょう

 

手っ取り早く部屋の湿度を上げるには、加湿器を使うのがオススメです。

加湿器を使用する場合は、部屋の広さに合った加湿能力のあるものを使用するのがポイントです。

加湿能力がない加湿器では、十分に部屋の湿度が上がらないので注意してくださいね。

 

加湿器がない場合は、寝室に濡らしたバスタオルを干しておきましょう。

洗濯物がある場合は、寝室に干すと室内を加湿してくれますよ。

 

ただし、やみくもに室内を加湿すればOKというわけではありません。

 

快適に過ごすために必要な湿度は40~60%台です。

インフルエンザウイルスなどは50%以上で減るので、なるべく部屋の湿度は50~60%台にするのがオススメです。

 

ちなみに湿度が70%を超えると湿気の影響でカビやダニが発生してしまうので注意してくださいね。

 

室内の湿度がどれくらいか分からない場合は、温湿度計などを部屋に置いて、部屋の湿度がどのくらいなのかチェックするようにしましょう。

おわりに

冬場に快眠するためには、事前に寝室の温度を15℃~21℃に暖めておきましょう。

とくに真冬の寒い季節には、16℃くらいの低い温度設定にして、エアコンをつけっぱなしにして一定の温度を保って寝るのがオススメです。

 

また、暖房をつけていると室内が乾燥するので、風邪をひかないためにも加湿を忘れないようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク