マニキュア 使用期限

マニキュアはいろいろな色があるので、ついついたくさん試したくなってしまいますよね。

しかし、いくつも購入してしまうと1つのマニキュアを使い切るまでに時間がかかってしまいます。

 

使わないで放置していたら、いつの間にかマニキュアがドロドロになってしまったり分離してしまった・・・なんてことも。

こうなってしまったマニキュアは、もう使わない方がいいのでしょうか?

 

そこで今回は、マニキュアの使用期限について調べてみました。

 

スポンサーリンク


マニキュアに使用期限はあるの?

マニキュアの使用期限に明確な決まりはありません。

しかし、一般的な化粧品と同様に、未開封のマニキュアは2~3年を目安に使うようにしましょう

 

マニキュアを開封した場合は、1年以内に使い切るのがオススメです。

なぜなら、マニキュアが空気に触れると、酸化を起こして劣化してしまいます。

 

多少劣化した程度のマニキュアなら、それほど爪に悪影響はないといわれています。

しかし、マニキュアが塗りづらくなったり乾きづらくなってくるので、開封後はなるべく早めに使い切るようにしましょう。

マニキュアが古くなったらどうなる?

たくさんのマニキュアを買うと「このマニキュアいつ買ったっけ?」・・・なんてこともありますよね。

食品のように賞味期限が記載されているわけでもないですし、日にちが経てば「いつ買ったか?」なんて忘れてしまうものです。

 

マニキュアをいつ開封したかわからくなったときは、マニキュアの状態で判断してみましょう。

古くなって劣化したマニキュアは、以下のような状態になっています。

 

  • 液がドロドロしている
  • 塗ったときに乾きが悪い
  • 変色している
  • 分離してしまっている
  • 固まって動かない
  • 異臭がする

 

マニキュアがドロドロしたり分離していたら、古くなって劣化している状態なので早めに使い切るか使用を中止しましょう。

 

スポンサーリンク


マニキュアがドロドロしたり分離したら使えないの?

マニキュアがドロドロになったり分離してしまった場合、捨てるしかないのか・・・というと実は復活させる方法もあります。

 

開封したマニキュアでもお気に入りだったり、ほとんど使っていない場合、捨てるのがもったいない気がしますよね。

そんなときはマニキュアの「薄め液」を使用しましょう

 

薄め液を使用すれば、古くなったマニキュアに数滴たらして混ぜるだけで、簡単に復活させることができるんですよ。

 

しかし、一度にドバっと入れてしまうと油分が薄まりすぎて、マニキュアの持ちが悪くなることもあります。

そのため、薄め液を使用するときは、1~2滴ずつ様子を見ながら入れていきましょう。

 

マニキュアを振ると気泡ができてしまうので、容器を手のひらで転がすようして混ぜてくださいね。

 

ネットで検索すると目薬や化粧水、除光液などで古くなったマニキュアを復活させることができるという情報もありますよね。

やり方は薄め液と同様、古くなったマニキュアに少しずつ様子を見ながら混ぜていくだけです。

 

しかし、除光液は爪に良くない成分も入っていますし、目薬や化粧水はマニキュアとは違う成分でできていますよね。

応急処置としては使えると思いますが、マニキュアを劣化させる原因になります。

 

そのため、なるべくならマニキュア用の薄め液を使用することをオススメします。

 

薄め液を使用してもマニキュアの状態が良くならないときは、潔く捨てましょう。

 

爪自体は死んだ角質の集まりなので、古いマニキュアを使っても大きな影響はないといわれています。

しかし、皮膚についてしまったら何らかのトラブルが出ることも考えられますよね。

 

そのため、マニキュアが劣化して復活もできないような状態になったら、もったいなくても処分するようにしましょう。

マニキュアのベストな保管方法は?

マニキュアはどこに保管していますか?

 

もし、陽の当たる場所や気温の高い場所に置いているなら保管場所を変えましょう。

陽があたる場所は気温も高くなりやすいため、マニキュアがドロドロになりやすくなってしまいます。

 

マニキュアを長持ちさせるためには、直射日光や陽の当たる場所は避け、涼しい冷暗所で保管するのがベストです

 

冷蔵庫に食品以外の物を入れることに抵抗がなければ、マニキュアを冷蔵庫に保管しておくという方法もあります。

冷蔵庫に入れて保管すればマニキュアの乾燥も防ぐことができるし、伸びが良くなるというメリットもありますよ。

 

また、マニキュアを使用した後は、キャップや口についてしまった液を除光液でしっかり拭き取るようにしましょう。

 

そのままにしておくと、マニキュアが乾燥して固まってしまいます。

固まったマニキュアが邪魔をしてキャップがしっかり閉まらないと、空気に触れて劣化を早めてしまうこともあるので注意してくださいね。

おわりに

マニキュアは開封後1年以内を目安に使い切るようにしましょう。

いつ開封したかわかりやすくするために、開封した日を容器に書いておくのもいいかもしれませんね。

 

マニキュアはドロドロになったり、分離してしまっても完全に使えなくなってしまったわけではありません。

目薬や化粧水でも復活させることはできますが、できれば古くなったマニキュアには劣化を抑えるためにも薄め液を使用するようにしましょう。

 

マニキュアの薄め液は100円ショップなどでも売っているので、一つ持っていると便利ですよ。

 

スポンサーリンク