日焼け 痛い 対処法 皮膚 ケア

日焼けをして肌が真っ赤になったり、ヒリヒリしてしまったことはありませんか?

肌が炎症を起こしてヒリヒリしてしまうは、火傷をしてしまったからなんです・・・!

屋外でのレジャーでうっかり紫外線対策を忘れて、肌が赤くなってしまったらどうすればいいのでしょう?

そこで今回は、日焼けで皮膚が痛くなってしまったときの対処法を紹介します。

スポンサードリンク

日焼けをして皮膚が痛いときの対処法とアフターケア

日焼けをしてしまうと肌が赤くなって、ピリピリ痛くなったりかゆくなったりしますよね。

ひどい状態では、むくみや水ぶくれになってしまうことも・・・。

日焼けは火傷と同じですので、正しく対処しないとシミや跡が残ってしまうことがありますよ。

 

■肌を冷やして炎症を抑える


日焼けは軽い火傷と同じですので、紫外線によってダメージを受けた皮膚は発熱や火照りといった炎症を起こしています。

ですので、とにかく冷やしましょう!

熱のある部分に冷えたタオルなどをあてて、とにかく冷やして炎症を抑えることが大切です。

全身に日焼けをしたときには、水風呂や水のシャワーを浴びてもOKですよ。

ただし体の冷やしすぎに注意してくださいね。

 

■肌を保湿する


日焼け後の肌はとても乾燥しています。

肌をよく冷やした後は、低刺激の化粧品でたっぷり保湿しましょう。

紫外線でダメージを受けた肌は非常にデリケートですので、肌が傷つかないように手で優しくなじませるようにして保湿してください。

化粧水では刺激があって痛いというときにはワセリンを塗るといいですよ。

 

■水ぶくれができてしまったら・・・


日焼けで水ぶくれができてしまったら、破れてバイ菌が入ったりしないように、清潔なガーゼなどで保護しましょう。

水ぶくれがひどいときには、早めに皮膚科に行って治療を受けた方が安心です。

症状が悪化して化膿してしまったら、皮膚にキズ跡が残る原因にもなりますので気を付けてくださいね。


スポンサードリンク

 

■体の内側からも水分補給する


日焼けした後は、皮膚だけでなく体全体の水分の足りていない状態になっています。

肌の保湿をするだけでなく、スポーツドリンクなどを飲んで体の内側からも水分補給しましょう。

 

■睡眠をしっかりとる


日焼けをすると体もだるくなりますよね・・・。

日焼け後は肌だけでなく体全体がデリケートになっていますので、たっぷりと睡眠をとって休みましょう。

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、肌の修復やターンオーバーを促進する効果もありますよ。

 

■肌への刺激を極力避ける


日焼けした肌とてもデリケートなので、極力刺激を避けるようにしましょう。

健康な肌なら問題のないことが、日焼けした肌にとっては相当なダメージになることも・・・。

 

たとえば服を着ているだけで服と肌の摩擦がダメージに・・・!

触れるだけで痛いというときには、脱着しやすいサラッとした肌触りのいい服を選びましょう。

時計やアクセサリーなどの肌に刺激を与えるものは、痛みなどの症状が治まるまでは控えた方が無難です。

また、皮膚がさらに紫外線のダメージを受けないように、極力日光も避けるようにしてくださいね。

 

■関連記事
日焼けの皮むけの対処法とかゆみを抑えるおすすめの保湿ケア

紫外線が目に与える影響や対策とサングラスをするときの注意点

おわりに

私も子供のころ、日焼け止めを塗らずに1日中海で遊んでしまい、日焼けをしてひどい目にあったことがあります(^^;

日焼けをした肌は赤くヒリヒリと腫れてしまい、背中や腕に水ぶくれができてしまったのです・・・!

しばらくの間、皮膚が痛いし痒いしで大変でした。

日焼けをするとシミやシワの原因にもなりますので、外でのレジャーの際には、しっかりとした紫外線対策を心がけたいですね。

スポンサードリンク