一人暮らし 防犯 気をつけること 女性 危険

女性の一人暮らしで一番気になることといえば防犯対策です。

私も5年間一人暮らしをしていましたが、何度か怖い経験をしました・・・。

「自分は大丈夫」と過信してしまうのは大変危険ですので、防犯対策はしっかりとやりましょう!

そこで今回は、女性の一人暮らしで気をつけたい防犯対策をまとめてみました。

スポンサードリンク

一人暮らしの女性が気をつけたい防犯対策

■部屋にいるときも窓の鍵を閉める


天気のいい日は窓を開けたいときもありますが、防犯対策としてはできるだけ窓は閉めておきましょう。

暑い夏は窓を開けっ放しで寝る方もいるかと思いますが、一人暮らしでは危険なので絶対止めましょう。

アパートやマンションの上階だからといって安心はできません!

 

■鍵はキーカバーをつける


鍵には型番があり、型番だけで簡単に複製できてしまうことがあります。

鍵にキーカバーをつけて型番を盗み取られないようにしておくと安心ですよ。

 

■むやみにドアを開けない


一人暮らしの部屋には「○○の点検です」「消防署の方からきました」など、いろいろな人が訪ねてきます。

でも、むやみにドアは開けてはいけません!

私はうっかりマンションの点検と勘違いして、ドアを開けてしまいました・・・。

怪しげな男がこちらの個人情報を聞き出そうとしたので、すべてに拒否したらなんとかなりましたが怖かったです・・・(゚Д゚;)

一人暮らし 防犯

■居留守は危険なことも…


インターフォンが鳴っても宅配便などの心当たりがないときは、居留守を使ってしまうことが多いのでは?

でも実は居留守を使うことで危ないこともあるんです。

空き巣は家に人がいないとわかると侵入しようとします。

居留守を使って犯人と鉢合わせになってしまったら危険です!

セールスなどは居留守でもOKですが、見知らぬ人が訪ねてきたらドアは絶対開けずに対応した方がいいこともあります。

スポンサードリンク

■部屋に入る時は周囲を確認する


自分の部屋に到着するとホッと安心してしまいますよね。

でも部屋に入るときは、必ず周囲に変な人がいないか確認してから鍵を開けましょう。

誰かが一緒に部屋に入ってきたら逃げられませんよ!

 

■エレベーターは1人で乗る


エレベーターで不審者と2人きりになってしまうと逃げられません。

エレベーターはなるべく1人で乗るようにしましょう。

 

■帰りは遅くならないようにする


一人暮らしは注意する人がいないので、夜遅くまで遊んでしまうこともありますよね。

でも夜中の女性の一人歩きは危険なことも・・・。

私も遊んでいたら終電になってしまい、帰りが深夜になってしまったことがあります。

部屋まで帰る途中、男性に声をかけられ、無視したのにマンションまでついてこられて本当に怖かったです(>_<)

何もなかったから良かったですが・・・。

 

■外から女性が住んでいるとわからないようにする


カーテンがピンクや花柄だったりすると、外から女性が住んでいる部屋だとわかってしまいます。

女性が住んでいるということがわからないように、窓側には女性を連想させるものは置かないようにしましょう。

ミラーカーテンで部屋の中を見えにくくするのも有効です。

 

■洗濯物は外に干さない


下着は外に干すのは止めましょう。

どうしても外に干したい場合は、カバーをするなど外から見えないように工夫を!

 

■同居人がいるように思わせる


出かけるときは「行ってきます」帰ってきたら「ただいま」と言い、同居人がいることを思わせる行動も防犯対策になります。

電気をつけっぱなしにしたりタイマー付きの照明器具を利用して、不在の時も部屋にいるように思わせたりすることも有効です。

男物の靴などを置いておくのも良いですね。

 

■サムターン回し対策をする


玄関にサムターン回し防止グッズを取り付けましょう。

サムターン回しによって外から鍵をあける行為を防ぐことができます。

私が一人暮らししていたマンションでは、不審者が出没して被害がでたことで、住人全員にサムターン回し防止グッズが配られましたよ・・・。
一人暮らし カビ

■窓に補助錠をつける


窓に補助錠ををつけると窓からの侵入防止になります。

 

■ドアスコープを隠す


ドアスコープを覗くと外を見ることができて便利ですが、外からも人の気配をチェックできてしまいます。

ドアスコープを塞ぐことで、のぞきや盗撮を防止できます。

 

■ポストに名前を書くときはアルファベットで


マンションやアパートによってはポストに名前を書く必要がある場合がありますよね。

アルファベットで表示すれば、漢字まではイメージできないので個人情報の流出を防げますよ。

 

■関連記事
一人暮らしの部屋のカビと湿気対策 洗濯物や布団も注意!

一人暮らしの引越しの挨拶は必要?隣や大家さんへの手土産は?

おわりに

女性の一人暮らしは何かと危険が付きまといます。

自分を守れるのは自分だけ。

自分で気を付けることで防げることもありますので、しっかりと防犯対策をして安全で快適な一人暮らしを目指しましょう!

 

スポンサードリンク