一人暮らし 費用 必要 1か月 いくら貯めれば

一人暮らしの初期費用は、いくら必要なのかわかりますか?

一人暮らしはお金がかかります!

しっかり貯金して準備しておかないと、後で経済的に苦しくなってしまうことも・・・。

そこで今回は、一人暮らしに必要な初期費用や1か月の生活費についてと、貯金の必要性についてお伝えします。

スポンサードリンク

一人暮らしの初期費用はいくら?

一人暮らしでは、賃貸契約時の手数料や生活用品の準備など、生活をスタートさせるまでの初期費用が必要です。

 

■賃貸契約


まず、一人暮らしの部屋の賃貸契約をする時にお金がかかります。

一番負担が大きいのは「敷金」「礼金」ですね。

関西の方では「保証金」というやつです。

敷金は退去のとき一部戻ってくることもありますが、礼金は戻ってきません。

ですので契約の際は、出費を抑えるため、礼金を減らしてもらえるか不動産屋に交渉してみましょう。

■賃貸契約に必要な費用

  • 敷金 2か月
  • 礼金 2か月
  • 家賃 1か月分
  • 仲介手数料 0.5か月
  • 火災保険料:20,000円
家賃が6万円だったとすると、賃貸契約だけで35万円くらいかかります・・・。

なので初期費用を抑えたい場合は、敷金・礼金の必要のない物件を探すという手も。

このほかに、鍵交換料などを支払う場合もあります。

 

■家具・家電・日用品など


一人暮らしをはじめるにあたって、家具や家電、日用品などいろいろ準備が必要です。

家具や家電は、洗濯機や電子レンジなど必要最低限のものを買うだけでも10万円くらいはかかります。

日用品やキッチン用品なども必要ですので、2万円程度はみておきましょう。

 

■引っ越し費用


引越しは、引っ越し業者の「単身パック」などを利用して、できるだけ安くすませましょう。

単身パックなら、荷物の量や移動距離によっても違いがありますが、3万円~6万円くらいで荷物を運んでくれます。

近場で一人暮らしをするようでしたら、家族や友人に手伝って運んでもらうという手もありますね。

荷物が少ない場合は、宅配便にした方が安い場合もありますので、よく検討してみましょう。


スポンサードリンク

■一人暮らしの初期費用

  • 賃貸契約:350,000円
  • 家具・家電・日用品:120,000円
  • 引越し費用:60,000円
賃貸契約や家電・家具の購入、引っ越し費用を合計すると約53万円です。

もちろん、敷金・礼金のない物件を選んだりすれば、もう少し少ない費用で済みますよ。

でも一人暮らしの準備をしていると、いろいろと欲しくなってしまうんですよね・・・。

一人暮らしの初期費用は、多く見積もっておけば余裕をもって準備ができますよ。

一人暮らしの1ヶ月の生活費

一人暮らしの1ヶ月の生活費は、いくらくらい費用がかかるか心配ですよね。

私の1か月の生活費は、こんな感じでした。

家賃 62,000円
水道光熱費 10,000円
食費 30,000円
通信費 10,000円
日用品 5,000円
美容関係 5,000円
服飾費 5,000円
交際費 10,000円
合計 137,000円

生活費が137,000円だけで済んでいたか?というと、実際はもう少しかかっていたと思います。

食事は自炊をしていたのですが、サボると食費がかさみます。

バーゲンの時期は服を買っていましたし、友達と遊んだり、デートしたりで交際費がもっとかかってしまう月もありました。

当時私の手取りは18万円円くらいだったので、節約しないと赤字になってしまうことも・・・(;´Д`)

一人暮らしは、収入に応じて節約することが大切ですよ。

一人暮らしはいくら貯金があればいい?

一人暮らしでは毎月の生活費のほかに、いろいろな費用がかかることを想定しておいた方が良いです。

 

病気になったら医療費や薬代がかかります。

友達の結婚式に招待されたらご祝儀や準備でかなり出費します。

転職したくなるかもしれません。

たまには旅行も行きたいですよね。

 

一人暮らしでも毎月貯金したいところですが、なかなかできないのが現実です・・・。

なので一人暮らしをはじめた後に、何があっても対応できるお金はしっかり残しておきましょう。

賃貸契約や引っ越し費用に約60万円程度かかると想定すると、100万円くらいお金を貯めてから一人暮らしをするのが安心です。

 

■関連記事
一人暮らしに最低限必要なものリストとあると便利な家電や家具

一人暮らしの引越しの挨拶は必要?隣や大家さんへの手土産は?

一人暮らしの部屋のカビと湿気対策 洗濯物や布団も注意!

おわりに

一人暮らしの初期費用はとてもお金がかかります。

オシャレな部屋に住みたい、インテリアや家電にこだわりたい───という場合は、もっともっとお金がかかります・・・。

何かあっても対応できるように、貯蓄に余裕を持つことも大切ですので、できればある程度貯金が貯まってから一人暮らしの準備するのが安心ですよ。

スポンサードリンク