カット野菜 危険 安全

カット野菜は、サラダや炒め物、鍋などにも使えるのでとても便利ですよね。

私も忙しい日や少しだけ野菜が欲しいときなどに購入しています。

 

しかし、「カット野菜は危険」「健康に悪い」「栄養がない」なんて言う人もいます。

もちろん、野菜を普通に買って食べた方がいいとは思いますが、本当にカット野菜は体に悪いものなのでしょうか?

 

そこで今回は、カット野菜の安全性や栄養について調べてみました。

 

スポンサーリンク


カット野菜の安全性ってどうなの?

スーパーだけでなくコンビニでも販売されているカット野菜。

結論から言うと、カット野菜は別に体に悪いということはありませんし、比較的安全性も高い食材といえます。

 

ではなぜ、カット野菜が危険だと思われているかというと、まず製造過程で野菜を消毒していることが考えられます。

カット野菜の製造工程では、野菜についた微生物や雑菌の繁殖を抑えるために次亜塩素酸ナトリウムという薬剤に浸けて殺菌しています。

 

薬剤を使用して殺菌しているときくと、健康に悪そうなイメージがありますよね。

しかし、次亜塩素酸ナトリウムは、厚生労働省の基準により食品に対して使用が許可されており、水道水の殺菌にも使用されているくらい安全性も認められている薬剤です。

 

野菜の表面を殺菌する目的で使用しており、漂白などの目的では使用されていません。

カット野菜の製造過程では殺菌後にも野菜をよく水で洗うため、次亜塩素酸ナトリウムの影響はほどんどないといわれています。

 

それに、野菜を殺菌して菌の繁殖を防がなければ、食中毒の原因にもつながります。

さらに、次亜塩素酸ナトリウムは、殺菌するのと同時に野菜のカット面から栄養分など外に滲出するのを抑えることもできるのです。

 

スポンサーリンク


 

また、家で野菜をカットすると切り口から酸化してしまうため、数時間放置すると変色してしまうことがありますよね。

しかし、カット野菜は数日経っても、それほど変色したりしていません。

これも「何か薬品などを使っているのでは?」と思われがちです。

 

しかし、メーカーによっても違いがありますが、カット野菜の変色は、酸素にあまり触れさせないことで防いでいます

袋の酸素透過性を押さえて変色しないようにしたり、袋内の空気を窒素にすることで野菜の変色を防いでいるのです。

 

また、カット野菜は常温でも変色してしまうため、お店に並ぶまで10℃以下の低温にして管理することも変色と品質の低下を防いでいます

10℃以上になると変色だけでなくカット野菜の品質が落ちて、開けたときにモワっと嫌な臭いがすることがあるので、購入後の管理をしっかりすることも大切です。

 

 

さらに、カット野菜は「市場で余って売れ残った野菜を加工しているのでは?」とも思われがちですが、実は鮮度の高い野菜を使用しています

 

なぜなら、野菜の鮮度は収穫した時から落ちてしまうからです。

カット野菜といえば、洗わずそのままサラダなどにできる手軽さがいいところですよね。

 

鮮度の落ちた野菜を使用しては、消費者のもとに届くころになるとかなり品質が劣化してしまうことになります。

品質の劣化したカット野菜なんて、誰も買いませんよね。

 

そのため、カット野菜は鮮度の良い野菜を使用して、できるだけ野菜を品質を保つように各メーカーは努力しているのです。

 

スポンサーリンク


カット野菜は栄養はあるの?

カット野菜の栄養についても気になるところですよね。

健康のために野菜を食べても栄養がなければ意味がありません。

 

しかし、とある検査結果では、カット野菜の栄養が家庭で野菜を洗った場合とそれほど差がないことがわかっています

 

カット野菜は出荷までの工程で、何度も水洗いをしています。

そのため、水洗いの行程で水に溶けやすい水溶性ビタミンなどがなくなってしまい、栄養もなくなってしまいそうな気がしますよね。

 

もちろん、野菜を洗うことで、多少の栄養は水に溶け出してしまいます。

しかし、カット野菜の栄養が全くなくなってしまうということはありませんし、家庭で洗う場合とそれほど変わりませんので問題なく利用することができますよ。

おわりに

私もカット野菜の便利さを知るまでは、「体に悪そう」というイメージがあって、あまりよく思っていませんでした。

しかし、調べてみるとカット野菜は安全性に考慮して作られていますし、それほど危険なものではなさそうです。

 

もちろん、普通に野菜を購入した方が経済的ですし、薬品を使用して殺菌していない分、安全性も高いのは事実ですけどね。

 

とはいえ、カット野菜は危険なものではないですので、忙しい日や少しだけ野菜が欲しい時など、そのときの状況によって便利に利用してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク