ジャム カビ 食べられる

冷蔵庫に保存していたジャムを食べようとしたら、表面にカビが生えていた・・・なんてことはありませんか?

残りわずかなら諦めもつきますが、まだ大量にジャムが残っていたら「もったいない」ですよね。

うちは母親が「カビなんて取り除けば大丈夫!」という人だったので、私も幼いころはジャムに生えたカビを取り除いて食べていた記憶があります・・・。

でも本当にカビが生えたジャムは、表面のカビ部分をキレイに取り除けば問題ないのでしょうか?

スポンサードリンク

ジャムにカビが生えても食べられる?

結論としてはジャムにカビが生えたら食べない方がいいです。

もちろんジャムを食べたときに、いつもとは違う味や酸味、刺激、異臭がある場合は、腐っているので絶対に食べないようにしましょう。

 

カビは目に見えるカビだけでなく、見えないカビもたくさん存在しています。

たくさんのカビの中には、ジャムの表面だけに生えるカビもありますが、表面だけでなく内部にまで入り込むカビもいるのです・・・!

なので、表面だけ取り除いただけでは内部にまで入り込んだカビは取り除けません。

 

また、ジャムを加熱すればカビの菌は死滅するから大丈夫かというと、実はそうでもないんです。

熱によってカビは死んでも、カビの毒素が残っていることがあり、中には毒性の高いものがあるのです!

運が悪ければ、食中毒になってしまうことも・・・。

 

ですので、ジャムにカビが生えていたら食べずに捨ててしまいましょう。

ジャムにカビが生える原因は?

ジャムのカビは、開けたときに入り込んだカビの菌が原因です。

 

カビは見えなくても空気中にたくさん漂っています。

私は食品系の大学に通っていたのですが、そこで落下細菌の実験をしたことがあります。

実験用の培地を30分~1時間程度放置して、1週間後にどのくらいカビが生えるかという実験です。

ほとんどの培地にカビが生え、中には大量のカビが発生しているものも・・・。

なので、どんなに気を使っていても空気中に漂う見えないカビの菌がジャムに付着することはあるのです。

ジャム カビ 原因 防止

またジャムにカビが生えやすいのは、ジャムの糖度が関係しています。

カビが生えたジャムは「甘さ控えめ」の糖度の低いジャムではないですか?

私もジャム(糖度45度)を開けて冷蔵庫に入れておいたら、1ヶ月後くらいににカビが生えていたことがありました・・・。

開封後のジャムは、糖度が高いほどカビが生えにくくなります

ジャムにカビを生えさせたくないときは、糖度65%以上の高糖度のジャムを選ぶようにしましょう。

高糖度:糖度65%以上
中糖度:糖度55%以上~65%未満
低糖度:糖度40%以上~55%未満

スポンサードリンク

ジャムのカビを防止するには?

ジャムのカビを防ぐには、できるだけカビの菌に触れさせないことが大切です。

  • ジャムの蓋はすぐ閉める
    ジャムの蓋を開けたままにすると空気中のカビが入ってしまうことがあります
  • 清潔なスプーンを使う
    カビの原因になるので他の食べ物などがジャムに混ざらないようにしましょう。舐めたスプーンもNGです
  • 開封後は冷蔵庫で保存
    ジャムの温度が上がるとカビが生えやすくなります
  • ジャムを開けたら賞味期限にかかわらず早めに消費する
    賞味期限は未開封の場合の期限です。開封後はラベルの注意書きの通りに消費するようにしましょう

ジャムを開封後、すぐには使い切れないときは冷凍保存するのがオススメ。

ジャムは冷凍してもカチコチにはならないので、使う分だけ取り出すことができて便利です。

ただし、目いっぱい瓶にジャムが詰め込まれているときは、中身が膨張して瓶が割れることがあるので注意が必要です。

また瓶とジャムの間に空気があると冷凍焼けをして味が落ちることも・・・。

なので、ジャムを冷凍保存するときには、ジップロックなどの空気に触れない容器に詰め替えて保存する方が、おいしさを長持ちさせることができますよ。

おわりに

もったいないからと言ってカビが生えたジャムを食べたとしても、健康な方なら何も問題はないかもしれません。

実際、小さいころの私は大丈夫でした・・・。

でも運悪くお腹を壊して医療費がかかる方がもっと「もったいない」です。

ジャムは開けたらすぐに食べきる、もしくは冷凍保存で、カビが生えないうちにおいしく食べましょう。

スポンサードリンク