洗濯物 裏返し

洗濯をするとき「裏返して洗った方がいい」と言われたことはありませんか?

 

私の周りでは、洗濯物は必ず裏返して洗うという人もいれば、裏返すなんて面倒だからやらないという人もいます。

実際のところ、洗濯物は裏返して洗った方がいいのでしょうか・・・?

 

そこで今回は、洗濯物を裏返して洗う効果と干すときも裏返しにした方がいいのか調べてみました。

 

スポンサーリンク


洗濯物は裏返して洗った方がいいの?

そもそも、洗濯物は裏返して洗った方が本当に良いのでしょうか・・・?

 

洗濯物を裏返して洗うメリットは、内側の汚れをよりキレイに落とすこと衣類の傷みを防ぐことが考えられます。

 

汚れをキレイに落とすことに関しては、洗濯物は裏返して洗った方がいいというより、汚れている方を表にして洗うのが基本です。

 

たとえば、子供服は食べこぼしや転んで泥がついたりするので、表側が汚れている場合が多いですよね。

肉体労働をしていて作業服に汚れがつきやすい・・・なんて人も、裏返しにせず表側のまま洗濯した方が汚れがしっかり落ちます。

 

しかし、普通に日常生活を送っている場合は、服の外側の汚れよりも内側の汗や皮脂などの汚れの方が気になりますよね。

そのため、内側の汚れをキレイに落としたい場合は、洗濯物を裏返して洗った方がいいのです。

 

とくに靴下は、内側の皮脂汚れが残っていると足の臭いの原因にもなるので、裏返して洗った方がいいでしょう。

 

また、衣類によっては裏返しにして洗った方が洗濯による傷みを防ぐことができます。

洗濯機で洗うと衣類の生地同士が擦れたり洗濯槽にぶつかったりするので、どうしても外側になっている方が傷みやすくなるんですよね。

 

たとえば、プリントTシャツを裏返しにして洗えば、プリント部分の摩擦を防ぎ剥がれ落ちてしまうのを予防できます。

ニット素材は毛玉になりやすいため、裏返しにすると生地の傷みや毛玉のを防ぐことができますよね。

 

このように裏返して洗濯する事は、衣類の傷みを少なくする効果もあるのです。

とくにニットやシフォン生地などのデリケートな素材の衣類は、裏返しにして形を整え、洗濯ネットに入れてから洗うするのがオススメです。

 

スポンサーリンク


洗濯物は裏返して干したほうがいい?

洗濯物を洗うとき、デリケートな素材や内側汚れが気になる場合は、裏返しにすると汚れが落ちやすく衣類の傷みを防げる事がわかりました。

では、洗濯物は表と裏、どちら側で干したら良いでしょうか・・・?

 

洗濯物を裏返して干すメリットは、衣類の色褪せを防ぐこと衣類によっては洗濯物が早く乾くことです。

 

洗濯物を屋外に干すと直射日光が当たり、紫外線の影響で生地が傷んでしまい、衣類の色褪せに繋がってしまいます。

とくに色の濃い衣類は、色褪せすると目立ってしまうので、なるべく裏返しにして干すのがオススメです。

 

また、洗濯物を裏返して干せば、乾きが早くなります。

 

衣類の構造をよく見てみると、大抵の服は内側にポケットが付いていたり縫い目部分が二重になって分厚くなっていますよね。

つまり内側が乾きにくい構造になっていることが多いのです。

 

洗濯物が乾くのに時間がかかると、雑菌が繁殖して生乾きの嫌な臭いが発生する事があります。

そのため、フードやポケットがたくさん付いている衣類などは、裏返して干した方が早く乾くため雑菌の繁殖も防ぐことができるんです。

 

それに、屋外で衣類を表側にして干していると、ポケットなどに虫が入ってしまうことがあります

気が付かずにそのまま畳んでしまうと、着るときに虫が出てきてビックリ・・・なんてことも。

裏返しにして干せば、表側にして畳むときに気が付くというメリットもあります。

 

ただし、裏返しで干さない方がいい衣類もありますので注意して下さい。

 

たとえば、襟付きシャツなどは裏返して干すと型崩れをおこしていまいます。

襟付きシャツなどの型崩れしてしまうような服は、きちんと形を整えて表向きで干すようにしましょう。

 

また、花粉症が酷い人は、裏返して干すと着た時に花粉が肌について痒くて仕方ない・・・なんてこともあります。

そのため、季節やその日の天候などにもよりますが、花粉やほこりなどのアレルギーを持っている人は、裏返して干すのはやめた方がいいかもしれません。

おわりに

洗濯物を裏返しで洗う最大のデメリットは、面倒くさいことです。

小さいころ、母親から畳むのが面倒だから「洗濯物は裏返しにしないで!」と言われてきた人も多いのでは無いでしょうか・・・?

 

洗濯物を裏返しにして洗ったり干したりすれば、衣類の傷みを防ぎ長く着れるようになります。

しかし、洗濯物を洗うときは裏側に、畳むときは表側に返さないといけないので、手間がかかり本当に面倒です。

 

そのため、衣類の種類や汚れ具合によって、洗濯物を裏返しにするかどうか決めてから洗う方がいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク