初詣 お寺 参拝 作法 仕方

初詣でお寺に行ったとき、正しい作法でお参りできていますか?

なんとなくはわかっているものの、いざ参拝するときになって、手をたたいてしまう人も多いのでは?

一年の始まり初詣では、きちんと仏様に感謝の気持ちを告げ、ご祈願をしたいもの。

いろいろな宗派があるので、お寺によって違いがありますが、ここでは基本的なお寺のお参りの作法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

初詣で恥をかかないお寺のお参りの仕方

山門で一礼・敷居はまたぐ

山門とは、お寺の入り口に建っている立派な門のこと。

神社でいう鳥居と同じで、山門から先は神聖な領域となっています。

ですので、入る前に山門の前で身だしなみを整え、一礼もしくは合掌をして山門をくぐり、境内に入ります。

このとき、お寺の山門にある敷居は、踏まずにまたいで入ります。

お寺の敷居は、聖域と俗域との「結界」を示していると言われています。

また、敷居を踏むこと、建物が傷んでしまうという説もありますので、お寺の山門をくぐる時は、敷居をまたぐようにしましょう。

参道を通る時は、仏様が通る中心を避けて端を歩くのが基本です。

また、大声で笑ったり話したりせず、心静かに行動するようにしましょう。

お手水で両手と口を水で清める

お寺の境内の中に入ったら、まずは参道の途中にあるお手水へで身を清めます。

【手水の作法】

  1. 柄杓がいっぱいになるくらいの水をたっぷりとすくう
  2. 柄杓を右手で持って、左手に水をかけて洗い流す
  3. 柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかけて洗い流す
  4. 柄杓を右手に持ち替え、左手に水を溜めて口をすすぐ
  5. 口につけた左手を洗い流す
  6. 柄杓に左手を添えて立てるように傾け、残った水で柄杓の柄を洗い流す
  7. 柄杓が置いてあった場所に伏せて戻す

口をすすぐときは、口元を手で隠しながらすると良いです。

柄杓には、直接口を付けることは絶対止めましょう。

スポンサードリンク

鐘をつく

鐘を鳴らすのは仏様への挨拶の意味があります。

ただし、お寺によっては、一般参拝者が鐘をつくことを禁止している場合もありますので、事前に確認するようにしましょう。

常香炉で体を清める

お寺によっては、本堂の前にお線香を焚く常香炉があります。

常香炉で仏様にお香を供えて、その煙を浴びることで身を清めます。

また、煙をかけると体の悪いところが良くなると言われてます。

参拝する

多くの仏像がいるお寺では、いちばん先に御本尊様にお参りするようにしましょう。

胸の前で静かに手を合わせ、一礼と共に心の中でご挨拶をします。

この時、神社のように拍手はしません。

お賽銭を入れ、再び合掌してお願いごとをしたら、最後に深く一礼をします。

お賽銭はお布施なので、投げたりしないようにしましょう。

参拝が終わり、山門から出る際には、本堂に向かって一礼または合掌をしてから出るようにしましょう。

■関連記事
初詣での神社で参拝の仕方とマナー願い事は複数でもOK?

初詣はいつまで?神社とお寺は有名な場所の方がご利益がある?

おわりに

初詣は神社に行く人という人もいれば、お寺に行く人もいますよね。

私はどちらにも行ってしまいますが、いざ参拝となると、正しい参拝の仕方ってどうやるんだっけ?と焦ってしまいます(^^;

正しい参拝方法で、仏様に感謝の気持ちを伝え、気持ちよく1年を過ごせるといいですね。

 

スポンサードリンク