お年玉 相場 親戚 目上 マナー

子供のころ、お正月にもらうお年玉は、とっても嬉しく待ち遠しいものでした。

でもいつの間にか、あげる側に…。

自分の頃とは時代が違うし、今の子供たちはいくらくらいお年玉をもらっているかわかりませんよね。

また、ただ子供にあげればいいと思われがちですが、実はお年玉を渡す時のマナーもあるんです。

そこで、お年玉の相場と、お年玉をあげるときのマナーをご紹介いたします。

スポンサードリンク

お年玉の金額の相場は?

大人になって、あげる側になった「お年玉」。

一体いくらあげればいいか悩みますよね。

うちの場合は、隣近所に親戚がいたので、親族同士であらかじめお年玉の額を決めていました(^^;)

ですので、あげる前に一度、両親や兄弟姉妹に相談してみてください。

決まっていない場合ですが、お年玉は金額が多ければいいというものではないので、年相応の額をあげればいいようです。

平均的な相場はこちらです。

お年玉の金額の相場

未就学児 :500円~1,000円

小学校低学年:1,000円~3,000円

小学校高学年 :3,000円~5,000円

中学生 :5,000円~10,000円

高校生 :5,000円~10,000円

大学生 :10,000円

400円、4000円などの4がつく数字は縁起が悪いため、避けるようにすると無難です。

未就学児にはあげないと言う人も多いです。

代わりに、おもちゃやお菓子、好きなキャラクターグッズをあげるという人も。

また、兄弟がいる場合、年齢が違うので、当然兄弟間でお年玉の金額に差が出てしまいますよね。

仕方のないことなのですが、喧嘩になったり、泣かれたりすることも多いとか。

年齢×500円というように明確に金額を定めて、子供の間で揉めないようにするケースもあるようです。

お年玉を親戚や目上の子供に渡す時のマナー

お年玉を渡すのに、マナーなんて考えたこともない人も多いのではないでしょうか?

私も、渡す金額さえちゃんとしてれば大丈夫だと思っていましたが、いろいろ気を付けたいマナーがあるんです。

紙幣は新札を用意する

お年玉に使う紙幣は、新札を用意しましょう。

お年玉で新札を使う理由は、新しい門出をお祝いするためです。

新札のようにシワや折り目のないまっさらな状態で、新年を新しい気持ちでスタートして欲しいという願いが込められています。

年末は新札を欲しがる人が多いので、日頃から新札を集めておくか、早めに銀行や郵便局に行って入手しておきましょう。

ぽち袋に入れる

お年玉は、必ずぽち袋に入れて渡すのがマナーです。

もしも、ぽち袋がない場合は、白い紙やティッシュペーパーなどに包んで代用します。

また、ぽち袋は、表には相手の名前、裏には自分の名前を書くということを想定して作られています。

表には「○○ちゃんへ」などわかりやすく書いて渡すようにしましょう。

目上の人にはお年玉はあげない

お年玉は本来、目上から目下へ渡すものとされています。

ですので、会社の上司や先輩の子供にお年玉をあげるのは失礼になるため、あげる必要はありません。

とはいえ、子供にしてみたらそんなことは関係なく、お年玉を欲しいと思うもの。

もし、あげる場合は、「文具料」などに名目を変えたり、「お年賀」として図書カードなどを贈りましょう。

また、両親や祖父母にも日頃の感謝の気持ちとして、お年玉をあげる場合もあると思います。

両親や祖父母にあげる場合も、お年玉ではなく「お年賀」や「新年御挨拶」として渡すのがマナーです。

スポンサードリンク

お年玉は新札で!紙幣の折り方と入れ方

お年玉には新札を使うことはわかりましたね。

でも、ただ無造作に入れてしまっては、意味がありません。

お札の入れ方にもマナーがありますので、覚えておいておくと、お年玉だけでなく様々なシーンで役立ちます。

基本は、ぽち袋から出した時に紙幣が開きやすいことと、紙幣も硬貨も表を向いていることです。

紙幣は、肖像がある方を内側にして、左側から先に折って3つ折りにします。

4つ折りは縁起が悪いので避けるようにしましょう。

3,000円など複数枚紙幣を入れるときは、きれいに重ねてから折るようにしてください。

硬貨の場合は、絵柄・漢数字のある側を表に向けてぽち袋に入れます。

おわりに

お年玉をもらえていたのは、いつまででしたか?

私の場合は、大学生までもらっていました(^^;)

ご家庭によって違うかと思いますが、高校生までや成人するまでという場合も多いようです。

もらっていたときは考えたこともなかったお年玉のマナーですが、あげる側になった今、一通りマナーを知っておくと、お正月早々恥をかかずにすみます(^^)/

 

スポンサードリンク