年賀状 一言 書き添え なし

年賀状に一言添え書きしていますか?

年賀状に手書きで一言添え書きがあるのとないのでは、受け取ったときに印象が違いますよね。

一言手書きで書いてあるだけで、受け取った側は、なんとなく嬉しく感じてしまうものです。

とはいえ、毎年同じような言葉しか思いつかず、年賀状に一言書き添えるのが苦手だと感じる人も多いはず。

そこで、年賀状の一言を書くポイントや両親や親族、会社、友達に送る場合の文例をご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状に添え書きする一言が思いつかないときはどう書く?

年賀状を受け取った時、一言がなかった場合、どう感じますか?

相手によっても違うと思いますが、仲の良い友人から一言がない年賀状が届いた場合、ちょっと悲しく感じませんか?

年賀状は年に一度の生存確認や住所確認だから別に何とも思わない、そういう人もいると思います。

でも、一言もない年賀状を送るなんて失礼な奴だ、と思う人も世の中には多いのも事実です。

あまり会わなくなった友人の場合、一言がないだけで、人間関係の「整理」の対象になってしまうことも…。

職場の上司に出す場合も、年賀状に一言があるだけで、印象がだいぶ良くなるはずです。

ちょっとしたことですが、年賀状に書き添える一言は、円滑な人間関係を築くために結構重要だったりします。

とはいえ、毎年どんな一言を書こうか思いつかず、悩んでしまいますよね。

年賀状に書く一言は、自分の近況報告や目標、相手を気遣う言葉など、送る相手によって使い分けて書くことをおすすめします!

近況報告を書く

「私は○○をはじめてみました!」「今○○にハマっています」など。

自身の近況報告は、両親や親戚、疎遠になった友達などに最適です。

今年の目標・抱負などを書く

「今年は○○にチャレンジしようと思っています」「今年は○○するぞ!」など

目標や抱負を書いてみると、自分のモチベーションも上がりますね。

質問してみる

「いまどんな仕事してますか?」「最近どうしていますか?」など。

相手の近況を伺う一言は一方通行ですが、来年の年賀状に返事がくるかもしれません。

健康を気遣う言葉を書く

「皆様のご多幸とご健康をお祈りいたします」「お体を大切にしてくださいね」など。

相手の健康を気遣う一言は、誰にでも書くことができますね。

相手の幸せを願う言葉を書く

「本年も良い年でありますようにお祈り申し上げます」「素敵な一年になりますように」など。

相手の幸せを願う言葉も、誰にでも書くことができる定番の言葉ですね。

感謝の気持ちや普段は言えない言葉を書いてみる

「○○さんには、いつも感謝しています」「○○さんと出会えて本当に良かったです」など

面と向かっては言えないことも、年賀状では伝えられるかも。

スポンサードリンク

年賀状に添え書きする一言の文例

両親や親族、会社関係、友達に書き添える一言の文例です。

参考にしてみてください。

両親や親戚

ご無沙汰しておりますが お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

こちらはおかげ様で家族一同元気に過ごしています

今年はぜひ家族そろってお伺いしたいと思っております

今年はお会いできるのを楽しみにしています

毎日子供のおしゃべりで我が家はにぎやかです

お父さん、お母さんにはいつも感謝しています

会社の上司・先輩

旧年は親身なご指導をいただき 誠にありがとうございました

さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です

薦めていただいた○○、とても参考になりました

本年もご指導のほど よろしくお願いいたします

今後も○○の件など ご教授ください

会社の同僚

今年も共に頑張りましょう

ストレス発散にまた飲みに行きましょう

今年もみんなで会社を盛り立てて行きましょう

会社の部下・後輩

さらなる成長を期待しています

今年は○○をがんばりましょう

友人

この間の○○楽しかったね。今度は○○に行こう!

最近どうしていますか?今度久しぶりに会いたいですね

今年は○○する予定です!

いつも○○してくれてありがとう。今年もよろしくね。

今年こそ、食事に行きましょう。

○○にとって、素晴らしい一年になりますように

■関連記事
上司への年賀状は必要?住所がわからないときの対策と出し方のマナー

年賀状を捨てるタイミングは?処分とスッキリ整理や保管する方法

おわりに

年賀状はあらかじめ文章を印刷しますよね?

一言書き添えるときは、印刷されている文章と一言が重複しないよう注意してください。

「本年もよろしくお願いします」と印刷されたものに「今年もよろしく!」と書き添えても、書くことがなかったんだなと思われてしまい、あまり印象がよくないです。

年末の忙しいときに年賀状を作成するのは大変ですが、一言があるだけで、受け取る側の印象はグンと良くなります。

円滑な人間関係を築くためにも、一言を書き添えた心のこもった年賀状を送り、新しい年を迎えたいですね。

 

スポンサードリンク