入学祝い 姪 甥 必要 相場 金額 時期

春といえば入学や進学のシーズンですよね。

小学校、中学校、高校、大学や専門学校────入学を迎える姪や甥がいる場合、入学祝いをどうすればいいのか悩むことはありませんか?

そこで、今回は姪や甥の入学祝いはあげるべきか、入学祝いを贈る場合の相場や時期をご紹介します。

スポンサードリンク

入学祝いは姪や甥に必要?

入学祝いは、身内のお祝いなので両親や兄弟、親しい親戚などの間で行います。

一般的には、お付き合いの常識として姪や甥に入学祝いを贈った方が良いでしょう。

 

ですが、入学祝いを贈るかどうかは、その地域や親族間での慣習や兄弟間で親しさの度合いにもよります。

 

うちの場合、私側の親族間では、お互いに入学祝いのやりとりをしないと決めていたので、入学祝いを貰ったことも贈ったこともないです。

夫側の親族間では特に決まりがなかったので、普段あまり親しくしているわけではなくても、お付き合いとして入学祝いを贈るようにしていますね。

 

お祝い事は親族間のルールがあるかもしれないので、両親や兄弟に「入学祝いはどうするか?」を確認してみましょう。

「入学祝いを贈るかどうか」「金額はいくらにするか」など、お祝いに関するルールを親族間で決めておくと甥や姪の入学時に迷わなくてすみますよ。

姪や甥の入学祝いの相場は?

姪や甥へ贈る入学祝いの相場は5,000円~20,000円が一般的です。

お付き合いの程度や姪や甥の年齢に応じて、入学祝いの金額を決めましょう。

小学校 5,000円~10,000円
中学校 5,000円~10,000円
高校 10,000円~20,000円
大学・専門学校 10,000円~30,000円
現金を贈る場合の熨斗袋は、紅白の「蝶々結び」の水引を選びます。

表書きには「入学御祝」「御入学祝」などと書くのが一般的ですが、4文字(死文字)の表書きを嫌う方もいます。

そんな場合は「御祝」「御入学御祝」「御進学御祝」などと書いて贈るようにしましょう。

入学祝い 相場

現金ではなくお祝い金と同等程度のプレゼントを贈っても喜ばれます。

入学祝いなので文房具や学習用品など、姪や甥が学校生活で必要なものを選ぶと良いですね。

入学祝いとしてプレゼントを贈る際は、既に持っている物や兄弟間で贈り物が重なってしまうことにならないように事前に相談して選ぶようにしましょう。

どんなプレゼントを贈っていいか迷うときは、自分で好きなものを選べる「図書カード」や「ギフトカード」を贈ると喜ばれますよ。

スポンサードリンク

入学祝いを贈る時期は?

入学祝いは、姪や甥の入学が正式に決まってから入学式までの間に贈ります。

入学準備などがあるので、できれば入学式の1週間前までを目安として3月下旬頃までに贈りましょう。

おわりに

私は夫の高校生になる姪に、入学祝いとして定期入れとポーチをプレゼントしたことがあります。

姪からお礼の連絡がありましたが、後から義姉から聞いた話で趣味が合わなかったようです(^^;

やっぱり品物は好みがあるので現金かギフトカードを贈る方が喜ばれますね。

スポンサードリンク