日焼け 紫外線 食べ物 対策 朝

紫外線は肌にダメージを与えるだけでなく、体の中に「活性酸素」を発生させてしまうことはご存知ですか?

活性酸素とは、本来は外部からの刺激を守るために作られるもの。

でも、紫外線によって活性酸素が増えすぎると、体内の細胞を酸化させて「老化」の原因となってしまうのです・・・!。

紫外線による活性酸素の増加を防ぐためには、紫外線に有効な食べ物を摂取して、体の中からも対策をすることが大切です。

スポンサードリンク

紫外線による活性酸素を減らす食べ物

日焼けによって体内に増えすぎた活性酸素を除去するためには、活性酸素をやっつける「抗酸化物質」を含む食べ物を食べる事が有効です。

抗酸化物質は、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンE、リコピン、ポリフェノール、アスタキサンチンなどに多く含まれています。

 

■ビタミンA(βカロテン)

にんじん、小松菜、にら、ほうれん草

ウナギ・アナゴ、鶏・豚・牛のレバーなど

ビタミンAには、皮膚や粘膜を保護し、肌を強くする働きがあります。

 

■ビタミンC

レモン、イチゴ・キウイ・柑橘類

ピーマン・パプリカ、じゃがいも、パセリ、ブロッコリーなど

紫外線により活性酸素が発生すると、細胞が酸化して老化の原因となりますが、ビタミンCは代わりに活性酸素に酸化されて細胞を守る働きがあります。

美肌に必要なコラーゲン生成やシミ予防にも効果がありますよ。

 

■ビタミンE

アーモンドなどのナッツ類

うなぎ、青魚、魚卵

アボカド、モロヘイヤなど

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つビタミンのひとつで、血管や肌・細胞などの老化を防止する効果があります。

 

■リコピン

トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツなど

リコピンは、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つといわれています。

紫外線によって受けた肌ダメージを修復する働きがあります。

 

■ポリフェノール

赤ワイン、緑茶、ココア、コーヒー

ごま、ソバ、大豆、ブルーベリー、ウコンなど

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含有されている苦味、渋味、色素の成分で、5000種類以上あるといわれています。

強力な抗酸化作用を持つため、体内に増えた活性酸素を除去するのに効果があります。

 

■アスタキサンチン

エビ、カニ、イクラ、鮭、鯛、タラコなど

アスタキサンチンは活性酸素を除去し、若々しい肌をつくります。

メラニン抑制作用や肌ダメージの修復効果も期待できます。

スポンサードリンク

朝はNG!紫外線を吸収する食べ物

抗酸化作用のある食品を食べる事は紫外線対策に有効ですが、「ソラレン」という成分が含まれた食べ物の摂取には注意が必要です。

ソラレンとい成分は、紫外線への感受性を高めて、紫外線の影響を受けやすくしてしまうのです・・・!

ソラレンは摂取してから2時間程度で身体全体に行き渡り、その継続時間は約7時間。

朝のお出かけ前にソラレンを多く含む食べ物を食べてしまうと、日中はずっと紫外線の影響を受けてしまうことに・・・。

ですので、ソラレンを含む食べ物は、できるだけ朝は食べないように気をつけましょう。

■ソラレンを多く含む食べ物

レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイ、いちじく

きゅうり、セロリ、パセリ、春菊、みつ葉、しそ、など

おわりに

体内の活性酸素は、増えすぎるとお肌のシミなどの老化だけでなく、がんや生活習慣病などにもつながるといわれています・・・。

ですので、紫外線は日焼け止めなどの化粧品で予防するだけでなく、体の中からも対策をとることが大切ですね。

紫外線によって増えすぎた活性酸素は、抗酸化作用のある食べ物を摂取して、体の中から除去するようにしましょう。

スポンサードリンク