母の日 感謝 花言葉

母の日はお母さんへ感謝の気持ちを伝える日ですが、なかなか面と向かって「ありがとう」と言うのは恥ずかしいですよね。

そこでオススメなのは、花言葉で感謝を伝える方法です。

 

母の日に贈る花の定番と言えばカーネーションですが、花言葉は知っていますか?

カーネーションは花の色によって花言葉があり、キレイだからといってカーネーションを選んでしまうと、もしかしたらせっかくの感謝の気持ちが伝わらないかもしれませんよ。

 

また、カーネーション以外にも母の日のプレゼントにふさわしい花言葉を持つ花があります。

そこで今回は、母の日に贈りたい花言葉をもつ花を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク


母の日に贈りたいカーネーションの花言葉

母の日には赤いカーネーションを贈るのが一般的ですが、カーネーションにはいろいろな色があって、実は色ごとに花言葉が違います。

 

母の日の定番の赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」です。

赤いカーネーションは、さすが母の日にぴったりの花ですね。

 

でも、濃い赤のカーネーションは「私の心に悲しみを」や「欲望」という花言葉なので、赤いカーネーションを贈るときは色の濃さに注意が必要ですよ。

 

赤以外で母の日にオススメなカーネーションの色は、ピンクと青です。

ピンクのカーネーションの花言葉は「感謝」青のカーネーションの花言葉は「永遠の幸せ」です。

お母さんにはいつも感謝しているし、いつまでも笑顔でいて欲しいから、「感謝」や「永遠の幸せ」という意味の花言葉は母の日にぴったりですよね。

 

クールなイメージのお母さんには、「誇り」「気品」という花言葉をもつ紫のカーネーションもいいかもしれません。

 

母の日 感謝 花言葉

 

オレンジのカーネーションの花言葉は「情熱」や「熱烈な愛」など、どちらかというと恋人へ贈るのにふさわしい花言葉になっています。

花言葉の意味は悪くはないですが、お母さんへ感謝の贈る言葉ろうと考えている場合はイマイチですよね。

 

母の日のカーネーションで避けた方がいいのは黄色や白いカーネーションです。

 

黄色は元気をくれる色でかわいいんですが、黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」や「嫉妬」。

なぜか、カーネーションに限らず黄色の花はマイナスな花言葉が多いんですよね・・・。

なので、お母さんから黄色いカーネーションが欲しいと言われない限り、黄色は避けた方が無難です。

 

また、白のカーネーションは故人に贈るものとされており、花言葉も「亡き母を偲ぶ」や「私の愛は生きている」などの暗い意味です。

ほかにも白には「尊敬」という意味の花言葉もありますが、できれば白いカーネーションも避けた方がいいですね。

 

また絞りという色がまだらなカーネーションの花言葉は「私はあなたの奴隷になる」なので、たとえ赤やピンクであっても母の日には避けましょう。

 

スポンサーリンク


花言葉で感謝を伝える母の日におすすめの花は?

「感謝」という花言葉を持つ花は、カーネーション以外にもたくさんあります。

 

  • ピンクのバラ
  • カスミソウ
  • 白のダリア
  • ピンクのガーベラ
  • 赤のポピー
  • カンパニュラ
  • ホワイトレースフラワー

 

赤いバラはプロポーズなどに使うので、バラは恋人へ贈るイメージが強いかもしれません。

でも、ピンクのバラなら「感謝」という花言葉なので母の日にぴったりですよ。

 

カスミソウやホワイトレースフラワーにも「感謝」という花言葉があるので、ピンクのバラやガーベラなどで花束のアレンジを作るのもいいかもしれませんね。

 

「感謝」という花言葉ではありませんが、カキツバタの「幸福はきっとあなたのもの」やシロツメクサの「幸運」も母の日にふさわしいと思います。

 

また、母の日に贈る花として最近人気の高いアジサイは、「元気な女性」「一家団欒」「家族の結びつき」という花言葉です。

いつも家族に元気をくれるお母さんには、アジサイの花言葉もぴったりなのでオススメですよ。

おわりに

母の日に感謝の気持ちを伝える花言葉を持つ花はいろいろとあります。

赤いカーネーションも素敵ですが、たまには違う花を贈ってみてもいいかもしれませんね。

 

バラは本数によって花言葉が変わりますが、カーネーションや他の花は本数で花言葉が変わることはありません。

なので、花束を作る場合は本数は気にしなくても大丈夫です。

 

でももし、母の日にピンクのバラを贈るなら8本がおすすめですよ。

8本のバラの花言葉は「あなたの思いやりや励ましに感謝」なので、お母さんへ感謝の気持ちを伝えるのにぴったりですよね。

スポンサーリンク