職場 義理チョコ バレンタイン 相場

バレンタインの季節、社会人になると職場での義理チョコをどうするか、考えなくてはなりませんね。

最近では、虚礼廃止になって、バレンタインの義理チョコを禁止する会社も増えているとか。

日頃お世話になっているお礼とはいえ、義理チョコを配る女性にも負担ですし、お返しを返すのが面倒という男性も多くいるのも事実です。

とはいえ、そういう会社はごく一部であり、まだまだ義理チョコ文化を育んでいる会社は多いですよね。

そこで、職場における義理チョコの金額の相場や上司や同僚への渡し方をご紹介します。

スポンサードリンク

バレンタインの職場での義理チョコは嬉しいもの?

職場でバレンタインの義理チョコを貰うことは、男性陣にとって嬉しいことでしょうか?

本当は迷惑だと思っているんじゃないでしょうか?

贈る側としても、男性陣の胸の内が気になるところですよね。

うちの旦那の場合は、チョコを貰えたら断然、嬉しいと言っています。

例え義理チョコだとわかっていても、もらえないと寂しいようです。

貰ってくるチョコがどんなものなのかというと、300円程度の小さいチョコが多いですね。

職場の女性社員が共同で、人数分買ってきて配っているんですね。

義理チョコの何倍のお返しをくれる男性もいますが、お返しをするのは面倒という男性が多いのは事実です。

旦那の職場の場合、義理チョコのお返しも職場の男性職員全員ですることになっているので、お返しを買う当番にならない限り面倒ということはありません。

ですが、やっぱり一人一人に買わなきゃいけないとなると、面倒だと言うのです(^_^;)

要するに、チョコは欲しいけど、お返しは面倒だと思っているのです。

バレンタインの義理チョコの金額の相場は?

では、世間のバレンタインの義理チョコの相場はどうなっているのでしょう?

1位 501円~1,000円
2位 100円~500円
3位 1,001円~1,500円

調べてみたところ、意外にも501円以上1,000円未満という人が多いという結果に。

ちょっと疑いたくなる金額だと思うのは、私だけでしょうか(゚Д゚;)

私の周り知り合いや友達へ聞いたところ、職場の上司や同僚への義理チョコの相場は、300円~500円が多かったです。

私個人の考えとしては、義理チョコの相場といったら、300円程度が妥当だと思ってます。

配る人が少ないとか、日頃からとてもお世話になっているなら500円~1,000円でも構いませんが、職場の場合、人によって差をつけると後々面倒なことになりますからね。

男性は単純ですから、ちょっと高価だったり他の人と違うと、勘違いをされて、後で困ることにもなりかねません。

ですので、職場で配る義理チョコは、義理だとわかる値段のものをあげるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

バレンタインの義理チョコの渡し方

職場の上司や同僚に義理チョコあげるときの一般的な渡し方としては、直接渡すというのが一番多いと思います。

タイミング的には、忙しい時間帯を避け、休憩時間などに配るのが良いでしょう。

人数が多い職場の場合は、みんなの前で一人一人に渡せばいいですよね。

直接渡す時は、男性の勘違いを避けるためにも、2人きりになって渡さない方が無難です。

男性は義理だとわかっていても「もしかして…」なんて、淡い期待を持っていたりもします。

ですので、もしも勘違いされそうなときは、はっきり「義理チョコです♪」と言って、義理をアピールして渡すのもいいかもしれません。

また、職場によっては、職場内のルールがあるかもしれないので、まずは事前に先輩の女子社員に聞いてみましょう。

女性って結構怖いですからね。

ルールを無視して上司や同僚の男性に渡してしまったことで、「抜け駆けした」などど思われては後が大変です(^^;

席にいなかったり、直接渡せない場合は、机の上に置いておけば良いでしょう。

共有のスペースなどがある職場では、そこに各自取りに来てもらうというのもいいかもしれません。

バレンタインが休日の場合、義理チョコはバレンタインより前の日に渡すのがおすすめです。
 

■関連記事
バレンタインに贈りたい日本のチョコレートブランド10選

甘い物が苦手な彼へのバレンタインのチョコ以外のプレゼント

職場の気になる男性に渡すバレンタインチョコの選び方や渡し方

おわりに

女性側も毎年面倒だな~と感じてしまうバレンタインの義理チョコ。

ですが、男性側もお返しが面倒とは思いつつ、密かに期待しているのもバレンタインの義理チョコです。

義理チョコを渡すことで、普段は滅多に話さないような職場の上司や同僚と交流を持つことが出来たりもしますからね。

バレンタインは年に一度のイベントです。

あまり深く考えず、日ごろの感謝の気持ちを込めて、職場の上司や同僚に義理チョコを渡しましょう。

スポンサードリンク