ホワイトデー 彼女 お返し 相場 おすすめ

ホワイトデーは、バレンタインデーにチョコレートを貰った男性が、女性にお返しを贈る日ですね。

彼女からのバレンタインのお返しに、いくらくらいのものを贈るべきか悩んでいる男性も多いのでは?

そこで、彼女へのホワイトデーのお返しの相場と、おススメのプレゼントをご紹介します。

スポンサードリンク

彼女へのホワイトデーのお返しの相場

バレンタインの本命の相場は、2,000円~3,000円程度です。

ですので、もらったチョコレートやプレゼントにもよりますが、彼女へのホワイトデーのお返しには、3,000円以上のプレゼントを用意するようにしましょう。

バレンタインのチョコレートは、ゴディバなどの有名店のものは、量が少なくても結構高いです。

「こんなの1,000円くらいだろ?」と思うような商品でも、有名店のチョコレートは想像より高いので要注意です。

ホワイトデーのお返しを貰った瞬間、自分がプレゼントしたもの以下だと判断してしまった場合、彼女のテンションは確実に下がります。

「お返しの金額=気持ちの大きさ」ではないとわかっていても、私は大事にされてないのか?、などのモヤモヤの原因となってしまうこともあるんですね…。

だからと言って、あまりにも高額なものだと、ちょっと気が引けてしまうのですが…。

面倒だな~と思うかもしれませんが、女心はとっても複雑なのです(^^;

ですので、彼女がガッカリしないよう、ホワイトデーにはバレンタインに貰ったプレゼントよりちょっと上乗せした金額のお返しするのが鉄則です!

男性は大変ですが、倍返しを目安にホワイトデーのお返しを用意すると無難ですね。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しのおすすめは?

ホワイトデーのお返しといえば、マショマロ、クッキー、キャンディが定番ですね。

マショマロ=嫌い
クッキー=友達
キャンディ=好き
マカロン=特別な人

──なんて意味がまことしやかに広まっていますが、ホワイトデーの起源になったのはマショマロデーなんですね。

バレンタインデーに貰ったチョコをやさしくマショマロで包んであげるという意味で、チョコマショマロを売りだしたのが発祥です。

ですので、マショマロが「嫌い」という意味をもつというのは、本来は嘘なんですね。

むしろ、君の気持ちを優しく包んであげるという意味なので本命なんですよ。

私は個人的に、チョコマショマロを貰ったら嬉しいです(*^^*)

でも、ホワイトデーは、バレンタインのように明確に何を渡すというものはないので、予算内で彼女が喜んでくれそうなものを贈ると良いですね。

お菓子

お菓子の場合は、チョコレートやマドレーヌ、ケーキなど、普段は買わないような、ちょっと高級感のあるお菓子を選びましょう。

新作・限定スイーツ

新作や限定のスイーツが好きな女性は多いです。

新作&限定スイーツをリサーチしたり、人気店の場合は並ぶ必要がありますが、苦労した分、喜んでもらえるかもしれません。

食事

オシャレなレストランでディナーなども良いですね。

ただし、食事がホワイトデーのお返しだと伝えておかないと、「何もくれなかった…」ということにもなりかねないので、ちゃんと伝えておきましょう。

花束

花が好きな彼女なら、一度は花束をプレゼントされたいもの。

ちょっとしたメッセージなども添えると、最高のプレゼントになりますね。

でも、花束は渡されるタイミングが重要です。

いきなり大きな花束渡されても、持ち歩くのに迷惑になることもあるので、「ミニ花束+お菓子」などの組み合わせなど良いかもしれません。

紅茶・コーヒー

紅茶やコーヒーのギフトは、可愛い物やオシャレな物が多いのでおすすめです。

無難にセンス良さそうに見せるには、良いアイテムですね。

スターバックスなどのショップでもギフトを売っているので、ホワイトデーのお返しに贈っても良いですね。

アクセサリーや小物

バレンタインにチョコレート以外のプレゼントを貰っている場合は、お返しにアクセサリーやポーチなどの小物をプレゼントしておきましょう。

センスない…と思われないように、彼女の好みを考えてプレゼントしてくださいね。

 

■関連記事
ホワイトデーのお返しで嬉しくないものガッカリするもの

おわりに

バレンタインデーには「チョコレートが欲しい!」と思ってはいても、「ホワイトデーは面倒…」と感じている男性は多いのでは?

でも、彼女は期待していることが多いので、ホワイトデーにはちゃんとお返しをあげてくださいね。

あまり高価なものは必要ありませんが、大切な彼女にガッカリされないように、彼女の喜ぶ顔を思い浮かべながら、ホワイトデーのプレゼントを選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク