ホワイトデー お返し がっかり 嬉しくない

バレンタインデーにチョコレートを贈ったら、女性は男性からどんなお返しを貰えるのか期待しています。

でも、期待から一辺、ホワイトデーのお返しを貰ってガッカリしてしまうことも。

せっかくなら、彼女に喜んでもらえるお返しを贈りたいですよね。

そこで、ホワイトデーのお返しで「嬉しくないもの」「ガッカリするもの」をご紹介しますので、プレゼント選びの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しで嬉しくないものガッカリするもの

お返しがない

バレンタインにチョコレートをプレゼントをして、ホワイトデーに何もお返しがないのが一番ガッカリします。

女性はお返しを期待しているものなんですよ。

ホワイトデーに何もお返しがないと「ケチな奴だな~」「失礼な奴だな~」と確実に思われます。

彼女によっては、「お返しがない=気持ちがない」と判断されることもあるので、ホワイトデーのお返しは用意した方が無難です。

安いもの

ホワイトデーのお返しには高価なものを望んでいるわけではないですが、

基本的にバレンタインにあげたチョコと同等かそれ以上のお返しを期待しているものです。

なので明らかに「安いもの」をもらったら、ガッカリしてしまいます。

中には「私に対する気持ちはこんなに安っぽいのか…」と考えてしまう女性もいるので、

大切な彼女にはちゃんとしたお返しを用意しておきましょう。

好みじゃないお菓子

お返しの定番といえばキャンディ、クッキー、マショマロ、マカロンといわれてますよね。

キャンディ=好き

クッキー=友達

マショマロ=嫌い

マカロン=特別な人

────なんて意味があるらしいですが、今どきこんなこと気にする人はいないと思います。

キャンディに好きという意味があっても、キャンディよりクッキーやマショマロを貰った方が嬉しい女性は多いはず。

ホワイトデーのお返しにお菓子を贈る場合は、意味にこだわらず、自分が貰って嬉しいおいしそうなお菓子を選んであげましょう。

「美味しそうだったから、喜ぶと思って♪」と言って渡すと、彼女も喜んでくれますよ。

好みじゃない物

好みじゃないものは、誰もが貰って「嬉しくないもの」ですよね。

ぬいぐるみやキャラクター商品などは嬉しくないものの定番です。

彼女から「欲しい」とリクエストされない限りは、やめておいた方が無難です。

「女性に人気」とされているものでも注意が必要です。

例えばホワイトデーのお返しに「ロクシタンのハンドクリーム」がよくおススメされています。

でも、ロクシタンのハンドクリームは香りがきついんですよね…。

あの香りが好きな人にはいいんだろうけど、嫌いな場合は本当に「嬉しくないもの」です。

「女性に人気」とされているものでも、香りのように「好み」がわかれるものは、お返しとして選ばない方が無難です。

スポンサードリンク

花束

花束を贈って喜ぶ女性は多いです。

でも、それと同じくらい「花束は迷惑」だと感じる女性は大勢います。

大きな花束を貰っても「花瓶」がないと飾る場所に困りますし。

毎日水を交換しないと花はすぐ枯れてしまうし、枯れた花は汚いんです。

花のお世話ができる女性以外は、花束はもらって「嬉しくないもの」です。

花束のプレゼントを考えている場合は、贈る相手の性格をよく考えてみてください。

アクセサリー

アクセサリーは、ホワイトデーのお返しの「嬉しいもの」の上位にランキングされています。

でも、アクセサリーのように身に着けるものは、やはり「好み」があるんですよね。

デザインが気に入らなかったら、「嬉しいもの」から「嬉しくないもの」に急降下してしまいます。

また、安物のアクセサリーもNGです。

学生ならともかく社会人にもなるとチープなアクセサリーは身に着けたくありません。

身に着けてもらえないアクセサリーでは、プレゼントしても意味がないですよね。

ホワイトデーのお返しにアクセサリーをプレゼントするときは、デート中に一緒に選ぶのがおすすめ。

そうすればデザインが気に入らないこともないですし、例えチープでも喜んで身に着けてくれますよ。

 

■関連記事
本命or義理?男性のホワイトデーの告白を成功させるポイント
■関連記事
彼女へ贈るホワイトデーのお返しの相場とおすすめのプレゼント

おわりに

ホワイトデーのお返しは、相手の好みを考えて選ぶとガッカリされる可能性が低くなります。

何がいいかわからない場合は、おいしそうなお菓子でOK。

個人的にはチョコレートやバームクーヘンなど、確実に美味しいお菓子が嬉しいです♪

スポンサードリンク