節分 豆まき やり方 外 数

最近では恵方巻の風習が広く知れ渡っていますが、やはり節分といえば豆まきですよね。

幼いころから、節分に豆まきはあたりまえの行事でしたが、当時は意味も分からず参加していました。

なぜ節分に豆まきするのか、なぜ鬼にぶつけるのか、その理由をご存知ですか?

そこで、知っているようで知らない節分の豆まきについての由来ややり方、撒いた豆はどうすればいいのか?をまとめてみました。

スポンサードリンク

節分にはなぜ豆をまく?由来は?

豆まきは、「鬼は外、福は内」の掛け声で行う節分の定番行事ですね。

節分とは「季節の変わり目」という意味があります。

もともと節分は、立春、立夏、立秋、立冬の前日で、年4回ありました。

立春の前日だけ節分と言われるようになったのは、旧暦では立春が1年の始まりとされ、最も重要な節目と考えられていたからです。

昔の宮廷では、季節の変わり目に起こりやすい災害や病気を「」に見立てて追い払う儀式「追儺(ついな)」「鬼遣(おにやらい)」が行われていました。

中国から伝わった風習で、本来は桃の弓や葦の矢を使用していましたが、室町時代に日本独自の風習として、豆をまくようになり、江戸時代には庶民の間にも定着しました。

なぜ豆で鬼を退治するようになったかというと、昔は豆には力があると信じられていたからです。

豆は魔目(まめ)を意味し、鬼の目にぶつけることで、魔を滅する摩滅(まめ)にも通じているともいわれています。

また、鬼退治には、「炒った豆」を使うという決まりがあります。

鬼にぶつけた「生の豆」から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。

炒った豆には「射る」という、鬼を倒すという意味も込められています。

節分の豆まきのやり方

節分に豆をまくのは、主に年男厄年の男性一家の主人の役目とされています。

鬼は夜やってくるので、豆まきは家族全員が揃ったに行いましょう。

福豆を用意する

節分当日の夕方までに、炒った大豆を升に入れ、神棚にお供えする。

基本的にスーパーで売っている豆は炒ってあるので、神棚がある家はお供えしましょう。

豆をまく

家じゅうのドアや窓を開け放つ。

「鬼は外」と言いながら、外に豆をまく。

「福は内」と言いながら、家の中に豆をまく。

豆がまき終わったら、福が逃げて行かないようにドアや窓をすぐ閉める。

掛け声や豆をまく順番は、地方によって異なります。

うちの実家では、2階の部屋や玄関から一番遠い部屋からはじめにまいて、最後に玄関でした。

掛け声は「福は内、福は内、鬼は外」でしたね。

一番最初に玄関から豆をまくところもありますし、掛け声も地方によっては「悪魔は外」などと言うところもあり、いろいろです。

豆を食べる

年の数、または1つ足した数の豆を食べる。

豆には生命を再生する力があるとされ、自分の年齢より一つ多い数だけ食べる事で、新たな年を無病息災で過ごせると言われています。

若い人は少なくていいですが、年齢を重ねると多く食べなくてはいけませんね。

食べきれないと言う場合は、豆に熱いお茶を注いで「福茶」にしてもOKです。

福茶は食べるのと同じご利益があるといわれています。

スポンサードリンク

家に撒いた豆は捨ててはダメ!外の豆だけ掃除を

家の中にまいた豆は拾って食べます。

福豆は神様のお供えで、それを食べて無病息災を願うので、基本的には捨ててはダメなのです。

なので、豆まきする前に、床に落ちた豆を拾って食べてもいいように、きれいに掃除をしておきましょう。

家の中にまく豆は、ご家族で食べる分以上は撒かないよう、調整すると良いですね。

床に落ちた豆を食べるのはちょっと…と抵抗が場合は、今の時代、小袋に入った福豆も売ってます。

小袋に入った豆をまくのは、ちょっと味気ないですが、床に落ちても抵抗なく食べれますね。

外にまいた豆は食べなくてOKです。

庭があるご家庭なら、鳥などが食べてくれるので掃除の必要はないかもしれませんが、アパートやマンションはそうはいきませんね。

ご近所迷惑になる前に、放置したりせず、さっさと掃除してしまいましょう。

おわりに

幼いころは、父親が各部屋を回って豆まきをして、それを拾って食べてました。

年の数だけと言われていましたが、好きなだけ食べてましたね(^^;

今はマンションに住んでいるので、節分に豆まきをやらなくなってしまいました。

代わりに夕飯にもなるから、恵方巻を買ってしまったり。

■関連記事
恵方巻の由来や食べる時期はいつ?正しい食べ方で願いが叶う!?

でも節分の豆まきのような縁起のいい行事は、大事にしていきたいですよね。

家族の無病息災を願い、節分には豆まきをしてみましょう!

スポンサードリンク